中級 珍問

にーちゃん

投稿日:

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然

死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。

にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も

まだ兄の死を受け入れられておらず、にーちゃんはまだ生きてるよ、

すぐ前みたいに一緒に遊べるよ、などと言っている。

ああ、ついに火葬だわ…。太郎を入れた棺が、火の中へ入っていく。次郎もついに

泣きだした。にーちゃんが泣いてる、

太郎にーちゃんが泣いてるよ。そう言ってびいびい泣いた。それを見て私も

もう耐えきれなくなってしまい、ひとしきり泣いたはずなのにどこからか涙が溢れだした。

一粒、また一粒と。でも太郎は安らかに逝ったと信じたい。だから私は次郎に、

しっかりと諭した。おにいちゃんは泣いてないよ今も天国で笑ってるよ、と。しかし次郎は言った。ちがう

よママ、にーちゃん泣いてる、今も苦しそうに泣いてるよ…。
[amazonjs asin=”4575849006″ locale=”JP” title=”お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね(12) (アクションコミックス)”]

-中級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

透視

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった 母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない 警察も半 …

姉の出産後

姉が出産後  実家に帰ってきた時の話  二階で寝ていたら  姉の子供の夜泣で起こされた  部屋が隣だから正直うるさい  一度起きてしまったら  なかなか、寝付けない体質なので  一階の冷蔵庫へ酒を取り …

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …

no image

受話器

最近なにかがついて来てる感じがするんだよなぁ。 今日なんて家の電話の受話器が外れて置かれてたんだよ、俺一人暮らしなのにマジ怖いって。 そのとき酔っていたから何となく受話器取ってみたの。 (しーん・・・ …

吊橋が倒壊

俺はど田舎に住んでいて 夜10時ごろに電灯も無い吊橋を渡って、 歩いて10分ぐらいのところにある タバコの自販機へ向かった。 タバコを買い終えると偶然音信不通だった友達に会い、 「久しぶり!」と20分 …