中級 珍問

にーちゃん

投稿日:

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然

死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。

にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も

まだ兄の死を受け入れられておらず、にーちゃんはまだ生きてるよ、

すぐ前みたいに一緒に遊べるよ、などと言っている。

ああ、ついに火葬だわ…。太郎を入れた棺が、火の中へ入っていく。次郎もついに

泣きだした。にーちゃんが泣いてる、

太郎にーちゃんが泣いてるよ。そう言ってびいびい泣いた。それを見て私も

もう耐えきれなくなってしまい、ひとしきり泣いたはずなのにどこからか涙が溢れだした。

一粒、また一粒と。でも太郎は安らかに逝ったと信じたい。だから私は次郎に、

しっかりと諭した。おにいちゃんは泣いてないよ今も天国で笑ってるよ、と。しかし次郎は言った。ちがう

よママ、にーちゃん泣いてる、今も苦しそうに泣いてるよ…。
[amazonjs asin=”4575849006″ locale=”JP” title=”お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね(12) (アクションコミックス)”]

-中級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

でどでんこめんさん

オランダといえば、うちの田舎にこんな伝承がある。 でどでんこめんさん。 昔、江戸時代にうちの田舎に 「でどでんこめんさん」って言う鬼?が現れたらしい。 大きくて肌が赤くて異様な服を着てたらしい。 で、 …

no image

テープレコーダー

男が書斎で、銃で撃たれて死んでいるのが見つかった。 男は机に突っ伏しており、手には銃が握られていた。 机の上にはテープレコーダーがあった。 刑事が再生ボタンを押すと、 「私はもう生きていけない、私には …

扉つきの物入れ

私の家の廊下の突き当りが袋小路になっていたのを、 定年になったばかりでヒマを持て余している父が 「スペースがもったいないので物置にする。」 と言い出して、一人で工事しはじめました。 何かに取りつかれた …

コタツ

あなたは知らない人2人と大切な人1人、猫2匹と共に コタツに入っています。 玄関でインターホンが鳴りました。 知らない人1人が玄関に向かいました。 玄関で物音がしました。 知らない人もう1人が玄関に向 …

いつも俺の前に座るおっさん

いつも会社帰りの電車(終電)の中で、 いつも俺の前に座るおっさんがいるんだ なんか俺を見てニヤニヤしてんの。毎日毎日 気持ち悪いから、会社で仲の良い同僚と居酒屋で一杯やった後、 一緒にその電車で帰った …