中級

母校でダッシュ

投稿日:

A君と母校の中学に夜11時に侵入したのよ。

そしたらA君が

「うおー!!なんか走りたくなって来た!!」

とか言って真っ暗の校庭の中適当にトラックを走り出した。

めんどくせ〜、と思いながら俺も10秒後くらいにジョギングくらいのペースで走り出したのよ。

そしたらその10秒後くらいにA君が後ろから1週抜かしで追い付いてさ。

もの凄い勢いなわけ。

なんか燃えて来て「負けるか〜〜!!」と思って全力疾走したのよ。

俺50m、6秒台で走るからかなり早いわけ。

だから少しずつ引き離してさ。

後ろの気配が無くなったから「よっしゃ〜〜!!」って思ったのよ。

そしたらさ、何かを踏んだんだよ。

何だ!?

と思ったら

「やっぱ昔みたいに走れないよな〜w」

ってA君が笑いながら俺に言うんだよ。
[amazonjs asin=”B00005FVF3″ locale=”JP” title=”学校の怪談 第1巻 VHS”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

井戸の死体

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた。 次の日見に行くと死体は消えていた。 5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた。 次の日見に行くと死体は消えていた。 1 …

待ち合わせ

彼女と夜の東京タワーで待ち合わせをしていたのだが 車で向かって渋滞により遅刻してしまったのだ 30分後についたがふて腐れた顔でこっちの話をまったく聞いてくれない それどころか俺を無視して長電話をしてい …

no image

公園の砂場

少女が公園で遊んでいた 母はそれをしばらく見て先に家に帰った 夕飯時になりその子が家に帰ってきた しかし左目を痛そうに擦っている 母が「どうしたの?」と聞くと娘は 「公園の砂場で目が砂に入っちゃって取 …

不思議な箱

俺は、人の余命が少し分かるという、不思議な箱を持っている。 と言っても、そんなにすごいものではない。 路地で怪しい商品を販売している男から、面白半分で買ったものだ。 見た目は小さな木箱で、蓋を開けると …

廃墟

俺が小学生の頃の話。 俺が住んでいた町に廃墟があった。 2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。 ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、地元の人間でも、あま …