中級

葉書

投稿日:

交通事故で少年を轢き殺した男が、

母親に慰謝料を払いたいと申し出ると、断わられてしまった。

「代わりに毎月13日には、やった事を忘れないよう自分宛に葉書を送ってほしい」と、

宛名の書かれた、たくさんの葉書の束を彼女は男に渡した。

何年も男はその約束を守ったが、

いつまでもこんなやり取りはお互いのためにならないと思い、

葉書を燃やした。

すると、あぶり出しで文字が浮かんできた。

『ひとごろし』
[amazonjs asin=”447405685X” locale=”JP” title=”こんなところでつまずかない! 交通事故事件21のメソッド”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ずっと暗かったから

男はアイドルAに夢中だった 安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた 写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった …

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …

不倫

俺には彼女がいるのだが、最近嫁に感づかれたらしく、 家に帰るといつも『どこ行ってたの』『誰と一緒だったの』等うるさい。 逆に彼女は毎日メールで励ましてくれるし俺にとってはオアシスのような存在だ。 しか …

光るパズル

最近一人暮らしするようになって、 部屋のインテリアとして、パズルを飾ることにしたんだよ。 光を浴びて、暗くなると光るってやつで、その光が儚くていいんよね。 この前も夜帰ってきたら、そのパズルが淡く光っ …

no image

公園の砂場

少女が公園で遊んでいた 母はそれをしばらく見て先に家に帰った 夕飯時になりその子が家に帰ってきた しかし左目を痛そうに擦っている 母が「どうしたの?」と聞くと娘は 「公園の砂場で目が砂に入っちゃって取 …