中級

葉書

投稿日:

交通事故で少年を轢き殺した男が、

母親に慰謝料を払いたいと申し出ると、断わられてしまった。

「代わりに毎月13日には、やった事を忘れないよう自分宛に葉書を送ってほしい」と、

宛名の書かれた、たくさんの葉書の束を彼女は男に渡した。

何年も男はその約束を守ったが、

いつまでもこんなやり取りはお互いのためにならないと思い、

葉書を燃やした。

すると、あぶり出しで文字が浮かんできた。

『ひとごろし』
[amazonjs asin=”447405685X” locale=”JP” title=”こんなところでつまずかない! 交通事故事件21のメソッド”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストーカーからの手紙

1週間ほど前から、どうやらストーカーに遭っているらしい。 仕事から帰ると、部屋の郵便受けに毎日手紙が入っている。 手紙と言っても小さな紙切れで、いつも一言だけしか書いていない。 最初に見たのは「おかえ …

透視

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった 母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない 警察も半 …

no image

スナッフビデオ

スナッフビデオって知ってるか? 俺は見たことあるぜ。飲み屋で知り合った男に見せてもらった。 男に招待してもらったのは山奥の山荘。俺は先に到着したんだが男は30分遅れた。 「悪い悪い。真ん中の子供が高熱 …

赤ん坊の泣き声

うちの知人は、会った事のないアパートのお隣さんの赤ん坊が どうなっているのか気になるのだという。 あった事ないのに赤ん坊がいるのを知っているのは、 時々鳴き声がしたり、ベランダに赤ちゃんの服が干してあ …

no image

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう 古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らな …