上級

アパートのドア

投稿日:

俺が住んでいるアパートのドアは立て付けが悪い。

バネの部分が壊れ、音もなく閉まる。

ある日の0時過ぎ、俺はそろそろ寝ようと思い、 電気を消し、布団の中に潜った。

俺はあまり寝付きが良い方ではなく、 布団に入って眠りに落ちるまでだいたい30分はかかる。

その間何度も寝返りをうった。

目覚ましの時計の針の音が耳に障る。

うとうとしかけた時、外でこつこつとハイヒールの音がした。

距離にして俺の部屋ふきんで止まった。 

その後、ノブをゆっくりまわす音が聴こえた。

深夜ということで他の住人に配慮したのだろう。

今日の夜は本当に空気が澄んでるのか、よく音が通る。

虫の小さな鳴き声までよく聴こえてくるのだから。

その音色を聴いて思い出した。

玄関先にある庭の草がぼうぼうだ。

今度管理人にいって刈ってもらおう。

「住人が帰ってきたんだな。こんな遅くまでご苦労なこった」 うとうとしていた所を邪魔され少しばかりイラっとしたが、 俺は再び眠りにつくよう努めた。

それから数分ぐらい経っただろうか。

またノブをゆっくりまわす音が聴こえた。

「こんな時間にまたどこか行くのか?」 まあ俺にはどうでもいい事だ。

明日も早いし、さっさと寝よう。

それから俺は身じろぎ一つせず、 布団の中でどうすべきか考えていた・・。

時計の針の音が恐怖心をさらに煽る。  

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不審な着信

残業していた俺に部下の女性が青ざめた顔して、 携帯を見せた訳がわからずいると、  いま家から携帯に着信が入ったの怖いから家まで付き合ってと言ってきた。  一人暮らしで家には誰もいない、なのに着信が入っ …

でどでんこめんさん

オランダといえば、うちの田舎にこんな伝承がある。 でどでんこめんさん。 昔、江戸時代にうちの田舎に 「でどでんこめんさん」って言う鬼?が現れたらしい。 大きくて肌が赤くて異様な服を着てたらしい。 で、 …

音のない世界

さっき、2万4千円のヘッドホンが突然壊れた。 音楽を大音量で聴き過ぎたせいか、いきなりプチッと音が出なくなった。 俺はムカついて思わずわざとテレビを床に落とした。 ズドンとテレビが床に落ちた振動を感じ …

落とし物の封筒

私はマンションのフロント係をやっている。 まぁこのマンションは入り口にも鍵がかかってるから 住人以外自由に出入りできないし、仕事なんてほとんどない。 私のマンションではフロントに落とし物箱を置いていて …

とある少女の願い

とある病室に一人の少女がいた その少女は、生まれつき病気をもっており、不治の病という この不治の病のせいで少女は、ずっと病室で過ごしてきたのだ そんな少女に一人のお星さまが現れたのだ そして、お星さま …