初級

ゴーストライフ

投稿日:

俺さあ、最近死んだんだよね。

色々あって自殺。

でも気ままなゴーストライフも悪くないよ。

第一働かなくて済むし。

暇だから、俺は幽霊としていろんなところに出没してるんだけど、

最近の流行りは写真だね!!

とある心霊スポットで先輩幽霊とお茶を酌み交わしていたら

大学生グループがやってきてが写真撮りまくってたから、

俺は写ってる奴の背後から手とか顔とか出してやった。

現像した写真を見たら、もうそいつらマジでビビってやんの。

マジモンの心霊写真撮れてよかったなwww

それから色んな人がカメラを持ってやってきたんで、

俺はさり気なくいろんなところから顔やら手やら覗かせてやった。

もう最高。ビビった奴等は霊能者に鑑定とか求めるし、

心霊関係の本やサイトにも俺が載ってるの。もうちょっとした有名人じゃんwww

そんなある日。

俺が幽霊の出るっていう崖の上で

誰か写真撮りに来ないかなって待ち構えてたんだけど、

そのすぐ傍で幼児が遊んでるの。

超危ねえよ。

落ちたらどうすんだよ。

そうこうしている間に幼児は崖を乗り越え、海に真っ逆様に落ちていく。

俺は焦ったね。必死で俺の全身全霊を使って幼児を下から支えた。

そして出来得る限りのポルターガイスト現象を起こして赤ちゃんを持ち上げた。

でも支えきれない。幽霊って力弱いんだよなあ。

その時だった。

「お前一人でカッコつけてんじゃねえよ。」

って声。

振り向くと、俺が回った各心霊スポットで出会った

先輩幽霊たちが駆け付けてきてくれていた。

「俺が死んだ時も、このくらいの息子がいてさあ……。」とか

「俺達は死んでしまったが、この子にはまだ未来がある。絶対助けるぞ!!」

といってみんなで幼児を下から支えた。

結局幼児は崖の上に戻った。

母親が慌てて駆け付ける。

ふう、良かったな。

幽霊でも人助けをすると清々しいぜ。

あれ?

今気づいたんだが、さっきから遠くでずっとこのやり取りを撮影していた男がいた。

じゃあ幼児を全力で救い出した俺達の勇姿も映っているってことか。

超ラッキー!!

明日、心霊系週刊紙の一面にこの事件の記事は写真と共に大きく載るな。

「幽霊が幼児を救う!!」

とな。

翌日。

確かに俺達の記事は写真付きで堂々と載っていた。

崖から落ちかける幼児と、

その幼児に向かって下から数多くの青白い手が伸びてきている写真が。

そして書かれていた記事は——俺の期待と正反対のものだった。orz

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

試験

今日は大事な試験の日。 解答欄を間違えずに、ケアレスミスをしないように慎重に解いてゆく。 しかし俺は名前を記入し忘れていたのだ。 しまった!と気づいた時には手遅れでーー……という所で目が覚めた。 よか …

no image

ラジオ

俺は今日、留守番で家に一人だ・・・今夜も熱帯夜か? ノドがやけに乾く日だ、すぐ水が飲める居間で過ごす事にした。 部屋が静か過ぎるので、気晴らしにヘッドホンでラジオを聞くものの やがてウトウトとして俺は …

足はいらんかね

ある日の放課後、 下校途中の男の子が奇妙な老婆が話しかけられた。 「足はいらんかねー、足はいらんかねー」 男の子は無視して通り過ぎようとするが、 老婆は思ったよりもしつこく 「足はいらんか〜足はいらん …

子供の頃

子供の頃じわじわ、っていうかもんもんした話。 ただの妄想かもしれない。 子供の頃、私は男だった。 男の名前があって、男子トイレに入ったりして、 「あなたは男の子だからパパとお風呂に行きなさい」 って母 …

思春期

父と母が別居したのは、私が中学に入る頃。 別居した父は、隣町にある小さめのマンションを借りて一人暮らしを始めた。 別居の理由はわからない。 父のマンションは中学から歩いて行ける距離だったので、私は週に …