中級

脱獄

投稿日:

俺は今日、この刑務所を脱獄する。

囚人には色々な作業をさせられているヤツがいて、先日俺はおもしろいヤツに出会った。

そいつの作業は、刑務所内で誰かが死んだとき、死体を入れた棺桶を外に運び出す仕事だ。

そいつに、俺はチップを渡して提案した。

「次に誰かが死んだら、俺はそいつの棺桶にこっそり忍び込む。

だからお前がそれを運び出しとき、外で棺桶の鍵を壊してくれ。」ってね。

そして昨日、囚人が1人死んだという連絡が有った。。

しめたと思い俺は遺体安置室へ行って、暗い中なんとか遺体の入った棺桶に忍び込んだ。

今日は出棺の日。俺を入れた棺桶はゆらゆらと外に運び出されていく。

そのままかなりの時間が経った。

ふと棺桶の隙間から入ってきた赤い光が、俺の隣に眠っている遺体の顔を照らした。

そこで俺は、自分の脱獄が失敗したことに気づいた。
[amazonjs asin=”B01KYBJM30″ locale=”JP” title=”ナンバカ脱獄理論♪!”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

運び屋

俺は昔運び屋をやっていた。 だからオートバイで高速を利用するのが日課になっていた。 今日も荷物を届けるために高速に乗り目的地に向かう。 しばらく走ったところで斜線変えてきた車に接触した。 一瞬バランス …

no image

公園の砂場

少女が公園で遊んでいた 母はそれをしばらく見て先に家に帰った 夕飯時になりその子が家に帰ってきた しかし左目を痛そうに擦っている 母が「どうしたの?」と聞くと娘は 「公園の砂場で目が砂に入っちゃって取 …

no image

サンタクロースに会ってしまった

俺はサンタクロースに会ってしまった 去年 妻が交通事故で死んで以来 俺は悲しみで自暴自棄になり自堕落な生活を送っていた 仕事もしないで毎日酒を飲んでは寝ているばかりだった そんな頃 クリスマスの日の夜 …

僕は、几帳面な母と痴呆症のじいちゃんと三人暮らしだ 明け方にじいちゃんの部屋に行ったら居なくなってたから また夜中に外にでも散歩に行こうとしたのかと思って窓を開けたら そこから転落したみたいで真下の庭 …

no image

地球最後の人間

わたしは地球最後の人間だ。 謎のウイルスと、宇宙人の襲撃で わたし以外の人間は全て死んでしまった。 わたしは、とある洞窟に隠れて生き延びていた。 隠れた日から、欠かさず経過日数を 洞窟の壁に棒を書いて …