中級

脱獄

投稿日:

俺は今日、この刑務所を脱獄する。

囚人には色々な作業をさせられているヤツがいて、先日俺はおもしろいヤツに出会った。

そいつの作業は、刑務所内で誰かが死んだとき、死体を入れた棺桶を外に運び出す仕事だ。

そいつに、俺はチップを渡して提案した。

「次に誰かが死んだら、俺はそいつの棺桶にこっそり忍び込む。

だからお前がそれを運び出しとき、外で棺桶の鍵を壊してくれ。」ってね。

そして昨日、囚人が1人死んだという連絡が有った。。

しめたと思い俺は遺体安置室へ行って、暗い中なんとか遺体の入った棺桶に忍び込んだ。

今日は出棺の日。俺を入れた棺桶はゆらゆらと外に運び出されていく。

そのままかなりの時間が経った。

ふと棺桶の隙間から入ってきた赤い光が、俺の隣に眠っている遺体の顔を照らした。

そこで俺は、自分の脱獄が失敗したことに気づいた。
[amazonjs asin=”B01KYBJM30″ locale=”JP” title=”ナンバカ脱獄理論♪!”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

帰省

「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女 …

いつも俺の前に座るおっさん

いつも会社帰りの電車(終電)の中で、 いつも俺の前に座るおっさんがいるんだ なんか俺を見てニヤニヤしてんの。毎日毎日 気持ち悪いから、会社で仲の良い同僚と居酒屋で一杯やった後、 一緒にその電車で帰った …

凄い勢いで駆け抜けた子供

3日前の夜中の話。 飲みに行った帰り道、メチャメチヤ寒くてさ 家の近所の自販機で温かい茶を買ってたの。 そしたら右にある交差点を子供が凄い勢いで駆け抜けた。 『こんなに寒いのに・・・』 と思いながら茶 …

最近まで知らなかった

「俺バカだから最近まで知らなかったけど、人間の頭部って、ボーリングの球ぐらいの重さなんだな。」  「ああ、俺もそれ最近知った。」   [amazonjs asin=”B01LTHLNOY& …

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …