初級 珍問

スズキ

投稿日:

僕の地方では、「スズキ」と言う都市伝説が有名です。

スズキは、手には電話(携帯などではなく、家庭用の固定電話。コードなどには繋がっていない)を持っていて、

パタパタと走り回っている謎の男です。

そのスズキに出会う方法、

いくつかあるのですが一番有名な奴を紹介します。

8階以上のエレベーターで、1階から乗る。

最上階のボタンを押して最上階に着いたらそのまま1階へ戻る。

1階へ着いたらまた最上階へ。

これを8回繰り返す。

(8はスズキの好きな数字らしい)

この間、途中で誰かが乗ってきたりしてはだめ。

無事に誰とも遭遇せずに8回目に突入すると、

饐えた臭いがする、それはスズキと繋がった証拠。

すると、最上階しか押してないはずなのに

エレベーターは各階に勝手に止まりながら上がっていく。

途中、電話のベルが聞こえてくる。

こうなるともうキャンセルすることはできないので、

もし怖くなってやめたくなったら

電話のベルが聞こえてくるまでにエレベーターを降りること。

電話のベルは上にいくにつれて近づいて、大きく聞こえてくる。

最上階につき、ドアが開くとそこにあるのは先程までの最上階ではなく、

真っ暗な空間が広がっている。

電話のベルの音が鳴り響いていて、人が走る足音が聞こえてくる。

その部屋でスズキに出会うと、

今度は自分がスズキにならなければならない。

自分と同じように上記の儀式を成功させた人間がやってくるまで、

真っ暗な部屋で、ひたすら待ち続けなければならない。

なぜ電話を持っているか、などは不明。

それを確かめる方法は、

この儀式を行って自分がスズキになってみるしかない。

-初級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴーストライフ

俺さあ、最近死んだんだよね。 色々あって自殺。 でも気ままなゴーストライフも悪くないよ。 第一働かなくて済むし。 暇だから、俺は幽霊としていろんなところに出没してるんだけど、 最近の流行りは写真だね! …

三つの薬

「こちらの座薬は寝る前に こちらの赤い薬は食後に こちらの白い薬は食前に飲んでくださいね」 丁寧な説明に頷きながら わたしは薬を受け取り、病院を後にした。 帰ってきたわたしを心配し 玄関に駆け付けてき …

ぼくもサンタクロース

「わぁい、ありがとうパパ!」 「パパじゃなくて、それはサンタさんがくれたんだよ、なあママ?」 「ふふ そうね」 サンタさん サンタさん だいすき! ぼくね おっきくなったらサンタさんになるんだよ きょ …

ものしり

俺はものしりだ。 特に有名な人名などは世界一知ってると自負してる そして今日は学校で友達に織田信長という人物を知ってるか聞いてみた 「は?誰?」 やはり難しかったかな 先生にも聞いてみた 「ん?誰だね …

特に考えなし

特に考えなしに某政党に入れたら 選挙終了後にお礼の電話があった マジで怖かった・・・