初級 珍問

スズキ

投稿日:

僕の地方では、「スズキ」と言う都市伝説が有名です。

スズキは、手には電話(携帯などではなく、家庭用の固定電話。コードなどには繋がっていない)を持っていて、

パタパタと走り回っている謎の男です。

そのスズキに出会う方法、

いくつかあるのですが一番有名な奴を紹介します。

8階以上のエレベーターで、1階から乗る。

最上階のボタンを押して最上階に着いたらそのまま1階へ戻る。

1階へ着いたらまた最上階へ。

これを8回繰り返す。

(8はスズキの好きな数字らしい)

この間、途中で誰かが乗ってきたりしてはだめ。

無事に誰とも遭遇せずに8回目に突入すると、

饐えた臭いがする、それはスズキと繋がった証拠。

すると、最上階しか押してないはずなのに

エレベーターは各階に勝手に止まりながら上がっていく。

途中、電話のベルが聞こえてくる。

こうなるともうキャンセルすることはできないので、

もし怖くなってやめたくなったら

電話のベルが聞こえてくるまでにエレベーターを降りること。

電話のベルは上にいくにつれて近づいて、大きく聞こえてくる。

最上階につき、ドアが開くとそこにあるのは先程までの最上階ではなく、

真っ暗な空間が広がっている。

電話のベルの音が鳴り響いていて、人が走る足音が聞こえてくる。

その部屋でスズキに出会うと、

今度は自分がスズキにならなければならない。

自分と同じように上記の儀式を成功させた人間がやってくるまで、

真っ暗な部屋で、ひたすら待ち続けなければならない。

なぜ電話を持っているか、などは不明。

それを確かめる方法は、

この儀式を行って自分がスズキになってみるしかない。

-初級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

靴屋さんに手紙

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。 「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」 少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。 男との別 …

凶器

近ごろの警察はなにやってるんだろうね。 血税でで食わせてもらってるくせに、ろくな働きしねぇんだからとんだ穀潰しだ。 先週、職場の近くで殺人事件があったんだよ。 若い女をアイスピックでめった刺し。しかも …

明日はどこへ

昨日俺は山へ脚を運んだ 今日俺は海へ脚を運んだ 明日はどこへ運ぼうか 俺は頭を抱えた

no image

ラジオ

俺は今日、留守番で家に一人だ・・・今夜も熱帯夜か? ノドがやけに乾く日だ、すぐ水が飲める居間で過ごす事にした。 部屋が静か過ぎるので、気晴らしにヘッドホンでラジオを聞くものの やがてウトウトとして俺は …

あなた

海に行きたいと言ったあなた たくさん泳ぎたいと言ったあなた 仕事が休めないと言ったら少し拗ねたあなた 友達と行ってくると言ったあなた 笑顔で喜んでいたあなた いっぱい日焼けをしてくると言ったあなた 嬉 …