中級

たった一人の愛娘

投稿日:

今日も愛する妻が台所に立つキッチンからは実においしそうな匂いがする。

そして今日も私はいつもと同じくらいの時間に時計を見上げた。

たった一人の愛娘の帰りが、遅い。

私は今日も娘を探しに腰を上げた。

「ちょっとあの子を探してくるよ」

「あなた、それなら私も行きますからちょっとまってくださいね」

忙しそうに食事を作っていた妻が、今日も私の後を追ってくる。

私たちはとりあえず近所の公園を見に行った。

するとブランコの辺りに、案の定娘がいた。

「こんなところにいたのかい。さあ、早く帰らないと夕飯が冷めてしまうよ」

娘は頷いてから私におんぶをせがむ。言われたとおりに背を貸す。本当に可愛い娘だ。

しかし今日に限って、妻が少しだけ不自然な表情を見せている。

「どうしたんだい」と尋ねてみると、彼女は困ったように笑いながら私に語りかけた。

「あなた……その子、娘じゃありませんよ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

携帯電話のメール

もう何年も前になるが、中学生女子が人が ほとんど寄りつかない廃ビルで殺害される事件があった。 警察によると容疑者の目星はすぐに付いて、 被害者の知り合いの高校生男子が犯行を自供したという。 「昨日の夜 …

重大なミス

俺は今日、重大なミスを2つ犯した。 1つ目は家の鍵をかけ忘れてしまったことだ。 遅刻しそうだったので慌てて出てきて会社に着いてから気づいた。 なんてことだ。まあ俺の家は風呂もついてない1Rだし盗られる …

生まれつき目が見えない姫

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。 さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。 不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに 侍女や家来に …

no image

ある若いカップルに子供ができてしまい、 おろそうかどうしようか悩んだあげく、産むことにした。 しかし、まだ若い二人は育てることも出来ず、 相談した結果、その子を殺すことにした・・・。 二人は夜中に湖に …

no image

ただの喧嘩

ある日バイトの休憩時間に携帯を見たら 留守電に知らない番号のが入ってた 聞いてみたら女の声で 「○○(知らない男の名前)どうして出ないの?殺すよ? 許してほしかったら掛け直すか開けて。私本当に死ぬから …