中級

たった一人の愛娘

投稿日:

今日も愛する妻が台所に立つキッチンからは実においしそうな匂いがする。

そして今日も私はいつもと同じくらいの時間に時計を見上げた。

たった一人の愛娘の帰りが、遅い。

私は今日も娘を探しに腰を上げた。

「ちょっとあの子を探してくるよ」

「あなた、それなら私も行きますからちょっとまってくださいね」

忙しそうに食事を作っていた妻が、今日も私の後を追ってくる。

私たちはとりあえず近所の公園を見に行った。

するとブランコの辺りに、案の定娘がいた。

「こんなところにいたのかい。さあ、早く帰らないと夕飯が冷めてしまうよ」

娘は頷いてから私におんぶをせがむ。言われたとおりに背を貸す。本当に可愛い娘だ。

しかし今日に限って、妻が少しだけ不自然な表情を見せている。

「どうしたんだい」と尋ねてみると、彼女は困ったように笑いながら私に語りかけた。

「あなた……その子、娘じゃありませんよ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

俺の車

俺とA君B君C君の4人は、いつも一緒で、 あの日も俺の車に乗って、皆で出かけたのだ。 A「もう動いても平気なのかよ?」 B「うん、ただの捻挫だから、外出して良いってよ。」 俺「車はグチャグチャの全損だ …

うたた寝

電車でうたた寝しちゃってたみたいだ。 肩をポンポンっとたたかれてハッと目が覚めた。 見上げると見たことのない陰気くさいおっさんが立っていた。 「つきましたよ」 とそのおっさんは言う。 え?寝過ごした? …

心霊写真

友達と2人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと言いだした。 近くの山道に惨殺事件があってからも、未だに取り壊されず残されてた民家があるので 夜中に行ってみた。 玄関から居間、風呂場とトイレ …

廃トンネル

今考えると不思議な話。 どう書いていいか説明が難しいが聞いてくれ。 わたしの地元の心霊スポットに廃トンネルがある。 二年前に当時の彼女とそのトンネルに肝試しにいった時。 ガソリンの匂いがする!と彼女が …

もう見えるぞ

『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』 が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。 未だに親類の語り草になってる。 俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。 じいちゃんが死んだのは俺が …