上級 珍問

落ちる駅

投稿日:

終電車の中で眠ってしまい目を覚ますと、

見知らぬ女性が俺の肩に頭を乗せてもたれかかるように眠っていた。

見ると黒髪ロングでかなりかわいい。

貞子とかの不気味な黒髪じゃなく、綺麗な感じ。

正直言って悪い気はしなかったので、しばらくそのまま乗っていた。

俺の降りる駅はまだ先なので大丈夫だろう。

二駅、三駅を過ぎ車両には俺と、俺にもたれて寝ている女性の二人だけになった。

彼女はどこで降りるんだろう、起こしてあげた方がいいかな……そう思った俺が体を動かしかけると、

「動かないで……」

と、目を閉じ頭を肩に乗せたまま女性が言った。

さらに続けて、

「もう少しこのままでいたいな……」

って。初対面の人に言われて不思議だったけど、女の子にそんなこと言われて理由を聞くほど俺は野暮じゃない。

黙って肩を貸してやった。

でもさすがに自分の降りる駅が近づくと心配になってきてさ、とりあえず「どの駅で降りるの?」と聞いてみた。

すると「落ちる駅?」と返してくる。

「違うよ、落ちる駅じゃなくて降りる駅」

「降りる駅が落ちる駅だよ」

また意味不明な答え。

さらに彼女は「貴方の降りる駅が、私の落ちる駅」と続けた。

ひょっとして、自殺でもするんじゃないかと思ってさ。

この娘は俺の降りた駅で飛び降り自殺をするんじゃないだろうか?

どうしても気になったので、彼女に「落ちちゃいけないよ」と言ってみた。

すると彼女は「貴方が降りたら私は落ちる」と脅迫めいたことを言ってくる。

仕方がないので「じゃあ降りないよ」と言ってあげた。

彼女は嬉しそうに、「ありがとう、約束だよ……破ったら貴方も落ちてね?」と言う。

この言葉に俺はゾッとしたが、今は彼女を落ち着かせることが優先だ。

自殺を食い止めたい一心で、俺は「わかった、約束するよ」と言った。

そのとき、電車が揺れた。

そして彼女の方を見た俺は、彼女の不可解な言動のすべてを理解した。

しかしもう遅い。

降りたら彼女は落ちる、そして俺もまた落ちるのだから。
[amazonjs asin=”4478067287″ locale=”JP” title=”一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略”]

-上級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

俺のケータイ知らない?!

私は、携帯が鳴ると心がつまる。 それは以前の話、夜中にケータイの鳴る音が聞こえた こんな時間に電話か?と思い、携帯を覗いた。 どうやら先輩の携帯からのようだ 電話にでると、先輩は慌てた声で「俺のケータ …

眠りに落ちた美女

ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった 早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら 一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが 少し不気味で目に特徴があった …

不思議な能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。 毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。 男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。 目の前をおばさんが通る。すると男は …

七人ミサキ

四国の某県某村で、 男に手ひどく振られた女が身投げして七人ミサキになった所がある 七人ミサキとは、 自分が成仏するために七人の命を奪う地縛霊で、 そこでは男ばかり6人が変死した しかし高名な坊主でも祓 …

ごめんな

ドンッドン! 友「本当に、本当にごめんな・・・。」 俺「おいやめろって!」 友「妹が・・妹が病気で・・金がいるんだ!」 俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ・・・。」 友「・・・ありがとう・・・」 俺「に …