上級 珍問

ヘヤニコイ

投稿日:

彼女はいきなり、別れたいと言い出した。

その日は俺の誕生日だった。

俺はアパートで独り暮らしをしていたのだが、

仕事から帰ると必ず部屋が掃除されていた。

彼女に合鍵を渡していたが、流石に毎日掃除してくれるとは考えにくい。

不審に思いつつも、帰宅の際には、

誰もいない整頓された部屋に迎えられる日々を送っていた。

それは俺の誕生日のときも同様であったが、

誕生日は彼女と俺の部屋で祝うことを常としていたので、

俺は彼女の不在に違和感を感じた。

彼女を部屋に呼ぶと、やってきた彼女は開口一番、

この浮気野郎、と俺を罵倒した。

彼女曰く、俺の部屋でパーティーの準備をしていたとき、

突如として見知らぬ女が現れ、

「私の彼を汚さないでよ!」

と叫びながら襲いかかってきたらしい。

そのとき俺は、その女こそが俺の部屋を掃除している張本人であることを悟った。

俺はこれまでの経緯を話し、その女は浮気相手ではなくストーカーだと主張した。

彼女が信用しないので、俺はその女を捕まえて

俺が潔白であることを証明させることにした。

翌日、俺は普段通りの時刻に部屋を出て、頃合いを見計らって部屋に戻った。

案の定、部屋には見知らぬ女がいたので、俺は女をその場に座らせて、

「おまえは誰だ?俺に恨みでもあるのか?」

と問い質した。

女は

「ワタシハ…アナタニ…ヘヤニコイ…」

と呟いたような気がするが、よく聞き取れなかった。

その間も女は部屋を片付けようとするので、

堪り兼ねた俺は女が持っているものを叩き落した。

女は俺を睨みつけ、どこからともなく包丁を取り出し、こう叫んだ。

「私の彼を汚さないでよ!」

次の日、近所のゴミ捨て場で男性の死体が見つかった。

彼女とは別れざるを得なかった。
[amazonjs asin=”B00JDYKL3A” locale=”JP” title=”喧嘩稼業(1) (ヤングマガジンコミックス)”]

-上級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

停電と女

風呂上がり、わたしはくつろぎながら髪を乾かそうと思い ドライヤーを部屋に持って行き、ソファーに座り、テレビをつけた。 すると怖い番組でもやっていたのか、血だらけの女の人が映った。 その瞬間、部屋は真っ …

眠りに落ちた美女

ある日僕は学校の美術室の掃除当番だった 早く終わらせて帰ろうと思い急いでいたら 一枚の絵が大事そうに飾られているのを見つけた その絵はとても綺麗な女の人の肖像画だったが 少し不気味で目に特徴があった …

不思議な数列

128 名前: 112◆Eve4dR2bOs 投稿日: 2008/06/21(土) 00:33:08 id:aPBiz2Tr0 >>119 数列?みたいなものが書いてあるだけです。泥棒説怖 …

落とし物の封筒

私はマンションのフロント係をやっている。 まぁこのマンションは入り口にも鍵がかかってるから 住人以外自由に出入りできないし、仕事なんてほとんどない。 私のマンションではフロントに落とし物箱を置いていて …

捜索

ある山のふもとにある町では、 火山活動の影響で稀に有毒ガスが噴出することがあった。 有毒ガスは空気より重いため、町外れの窪地に溜まる。 過去に何人もの人がその窪地で命を落としていたため、 町では有毒ガ …