上級 珍問

ヘヤニコイ

投稿日:

彼女はいきなり、別れたいと言い出した。

その日は俺の誕生日だった。

俺はアパートで独り暮らしをしていたのだが、

仕事から帰ると必ず部屋が掃除されていた。

彼女に合鍵を渡していたが、流石に毎日掃除してくれるとは考えにくい。

不審に思いつつも、帰宅の際には、

誰もいない整頓された部屋に迎えられる日々を送っていた。

それは俺の誕生日のときも同様であったが、

誕生日は彼女と俺の部屋で祝うことを常としていたので、

俺は彼女の不在に違和感を感じた。

彼女を部屋に呼ぶと、やってきた彼女は開口一番、

この浮気野郎、と俺を罵倒した。

彼女曰く、俺の部屋でパーティーの準備をしていたとき、

突如として見知らぬ女が現れ、

「私の彼を汚さないでよ!」

と叫びながら襲いかかってきたらしい。

そのとき俺は、その女こそが俺の部屋を掃除している張本人であることを悟った。

俺はこれまでの経緯を話し、その女は浮気相手ではなくストーカーだと主張した。

彼女が信用しないので、俺はその女を捕まえて

俺が潔白であることを証明させることにした。

翌日、俺は普段通りの時刻に部屋を出て、頃合いを見計らって部屋に戻った。

案の定、部屋には見知らぬ女がいたので、俺は女をその場に座らせて、

「おまえは誰だ?俺に恨みでもあるのか?」

と問い質した。

女は

「ワタシハ…アナタニ…ヘヤニコイ…」

と呟いたような気がするが、よく聞き取れなかった。

その間も女は部屋を片付けようとするので、

堪り兼ねた俺は女が持っているものを叩き落した。

女は俺を睨みつけ、どこからともなく包丁を取り出し、こう叫んだ。

「私の彼を汚さないでよ!」

次の日、近所のゴミ捨て場で男性の死体が見つかった。

彼女とは別れざるを得なかった。
[amazonjs asin=”B00JDYKL3A” locale=”JP” title=”喧嘩稼業(1) (ヤングマガジンコミックス)”]

-上級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

母からのメール

母からメールが来た。 「37、2で68おわった7ら、5までも22合わせあわせに」 ??どういう意味だろう。送信先を見ると家族一斉送信になっている。 そして気付いた時には何もかも手遅れだった。 なんで気 …

肝試し

部活の合宿で肝試しやったんだよ。 一番上、4階の音楽室の前に花を置いてくるだけ。 ちゃんと一番上まで昇って花を置いて4階分の階段を下りて戻ってきたさ。 でもさ、みんな戻ってきた後に確認したら、一輪だけ …

俺のケータイ知らない?!

私は、携帯が鳴ると心がつまる。 それは以前の話、夜中にケータイの鳴る音が聞こえた こんな時間に電話か?と思い、携帯を覗いた。 どうやら先輩の携帯からのようだ 電話にでると、先輩は慌てた声で「俺のケータ …

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …

同棲していた男

昔物凄く年上の男と同棲して3ヵ月後。 その男が逮捕され私も警察に呼ばれ事情を聞かれた。 警察では好きなものを取っていいよとそばやのメニューを見せられ 天ぷらうどんをご馳走してもらった。 冷たいものを飲 …