上級 珍問

ヘヤニコイ

投稿日:

彼女はいきなり、別れたいと言い出した。

その日は俺の誕生日だった。

俺はアパートで独り暮らしをしていたのだが、

仕事から帰ると必ず部屋が掃除されていた。

彼女に合鍵を渡していたが、流石に毎日掃除してくれるとは考えにくい。

不審に思いつつも、帰宅の際には、

誰もいない整頓された部屋に迎えられる日々を送っていた。

それは俺の誕生日のときも同様であったが、

誕生日は彼女と俺の部屋で祝うことを常としていたので、

俺は彼女の不在に違和感を感じた。

彼女を部屋に呼ぶと、やってきた彼女は開口一番、

この浮気野郎、と俺を罵倒した。

彼女曰く、俺の部屋でパーティーの準備をしていたとき、

突如として見知らぬ女が現れ、

「私の彼を汚さないでよ!」

と叫びながら襲いかかってきたらしい。

そのとき俺は、その女こそが俺の部屋を掃除している張本人であることを悟った。

俺はこれまでの経緯を話し、その女は浮気相手ではなくストーカーだと主張した。

彼女が信用しないので、俺はその女を捕まえて

俺が潔白であることを証明させることにした。

翌日、俺は普段通りの時刻に部屋を出て、頃合いを見計らって部屋に戻った。

案の定、部屋には見知らぬ女がいたので、俺は女をその場に座らせて、

「おまえは誰だ?俺に恨みでもあるのか?」

と問い質した。

女は

「ワタシハ…アナタニ…ヘヤニコイ…」

と呟いたような気がするが、よく聞き取れなかった。

その間も女は部屋を片付けようとするので、

堪り兼ねた俺は女が持っているものを叩き落した。

女は俺を睨みつけ、どこからともなく包丁を取り出し、こう叫んだ。

「私の彼を汚さないでよ!」

次の日、近所のゴミ捨て場で男性の死体が見つかった。

彼女とは別れざるを得なかった。
[amazonjs asin=”B00JDYKL3A” locale=”JP” title=”喧嘩稼業(1) (ヤングマガジンコミックス)”]

-上級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

成仏しちゃった?

友達と二人で話してたら、 久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと誰かが言い出したので、 近くの山道に惨殺事件があってからも 未だに取り壊されず残されてた民家があるので夜中に行ってみた。 玄関から居間、風呂 …

俺のケータイ知らない?!

私は、携帯が鳴ると心がつまる。 それは以前の話、夜中にケータイの鳴る音が聞こえた こんな時間に電話か?と思い、携帯を覗いた。 どうやら先輩の携帯からのようだ 電話にでると、先輩は慌てた声で「俺のケータ …

彼女

俺はどうしようもなく彼女にひかれていた…繰り返し…思いだす、彼女との思い出。 初めて告白した時のはにかんだ笑顔、夜景を見に行って指輪を渡した時は、涙を流して、喜んだっけ。 7年間の思い出が頭を駆け巡る …

お母さん、みっけ

AVレンタルしようとAVコーナーに入って物色してたら、小さな4歳ぐらいの男の子が一人で入ってきた。 どうやらお母さんを探してるらしく、何度も「お母さ〜ん、どこ〜?」と言っていた。 『いやいや、お母さん …

落ちる駅

終電車の中で眠ってしまい目を覚ますと、 見知らぬ女性が俺の肩に頭を乗せてもたれかかるように眠っていた。 見ると黒髪ロングでかなりかわいい。 貞子とかの不気味な黒髪じゃなく、綺麗な感じ。 正直言って悪い …