上級 珍問

ヘヤニコイ

投稿日:

彼女はいきなり、別れたいと言い出した。

その日は俺の誕生日だった。

俺はアパートで独り暮らしをしていたのだが、

仕事から帰ると必ず部屋が掃除されていた。

彼女に合鍵を渡していたが、流石に毎日掃除してくれるとは考えにくい。

不審に思いつつも、帰宅の際には、

誰もいない整頓された部屋に迎えられる日々を送っていた。

それは俺の誕生日のときも同様であったが、

誕生日は彼女と俺の部屋で祝うことを常としていたので、

俺は彼女の不在に違和感を感じた。

彼女を部屋に呼ぶと、やってきた彼女は開口一番、

この浮気野郎、と俺を罵倒した。

彼女曰く、俺の部屋でパーティーの準備をしていたとき、

突如として見知らぬ女が現れ、

「私の彼を汚さないでよ!」

と叫びながら襲いかかってきたらしい。

そのとき俺は、その女こそが俺の部屋を掃除している張本人であることを悟った。

俺はこれまでの経緯を話し、その女は浮気相手ではなくストーカーだと主張した。

彼女が信用しないので、俺はその女を捕まえて

俺が潔白であることを証明させることにした。

翌日、俺は普段通りの時刻に部屋を出て、頃合いを見計らって部屋に戻った。

案の定、部屋には見知らぬ女がいたので、俺は女をその場に座らせて、

「おまえは誰だ?俺に恨みでもあるのか?」

と問い質した。

女は

「ワタシハ…アナタニ…ヘヤニコイ…」

と呟いたような気がするが、よく聞き取れなかった。

その間も女は部屋を片付けようとするので、

堪り兼ねた俺は女が持っているものを叩き落した。

女は俺を睨みつけ、どこからともなく包丁を取り出し、こう叫んだ。

「私の彼を汚さないでよ!」

次の日、近所のゴミ捨て場で男性の死体が見つかった。

彼女とは別れざるを得なかった。
[amazonjs asin=”B00JDYKL3A” locale=”JP” title=”喧嘩稼業(1) (ヤングマガジンコミックス)”]

-上級, 珍問

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

山小屋 その2

1人の男が、雪山で遭難した時のことだ。 あてもなく歩きつづけていた男は、やがて猛吹雪の中で1軒の山小屋を見つける。 男は荒れ狂う吹雪から身を守るために、山小屋の中へと入っていった。 ところが、その山小 …

古いカメラ

「やるよ」 そう言って親父が俺に渡したのは、古いカメラ 「これにはな、人の死に顔が写るんだよ」 「は?全然面白くねーよ」 親父は黙ったままだった 数ヵ月後、親父は死んだ 急性の心臓発作だった それから …

バスを降りなければ・・・

ある家族が妻の実家に遊びに行くために田舎までのバスに乗っていた。 山のふもとあたりまできたときに、子供が「おなかへった」とだだをこね始めたので、 しょうがなく途中のバス停で降りて近くの定食屋で食事をす …

スズキ

僕の地方では、「スズキ」と言う都市伝説が有名です。 スズキは、手には電話(携帯などではなく、家庭用の固定電話。コードなどには繋がっていない)を持っていて、 パタパタと走り回っている謎の男です。 そのス …

おうちに帰りましょう

最近ボクは毎日たけるくんと公園で遊んでいます。 砂場で山をつくったり、トンネルをほったりしていると、 あっというまに時間がたちます。 夢中であそんでいると、学校のチャイムの音がきこえてきました。 「あ …