中級

飴を下さい

投稿日:

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、

青白い顔をして髪をボザボサに乱した若い女が

「飴を下さい」と一文銭を差し出した。

主人は怪しんだが、

女がいかにも悲しそうな小声で頼むので飴を売ってやった。

翌晩、また女がやってきて「飴を下さい」と一文銭を差し出す。

主人はまた飴を売ってやるが、

女は「どこに住んでいるのか」という主人の問いには答えず消えた。

その翌晩も翌々晩も同じように女は飴を買いに来たが、

とうとう7日目の晩に

「もうお金がないのです。どうかこれで飴を売ってもらえませんか」

と女物の羽織を差し出した。

主人は女を気の毒に思っていたので、羽織と引き換えに飴を渡してやった。

翌日、女が置いていった羽織を店先に干しておくと、

通りがかりのお大尽が店に入ってきて

「この羽織は、先日亡くなった自分の娘の棺桶に入れてやったものだ。これをどこで手に入れたのか」

と聞くので、驚いた主人は女が飴を買いにきたいきさつを話した。

お大尽も大いに驚き主人ともども娘を葬った墓地へ行くと、

新しい土饅頭の中から赤ん坊の泣き声が聞こえた。

掘り起こしてみると、娘の亡骸が生まれたばかりの男の赤ん坊を抱いており、

手には飴屋が売ってやった飴が握られていたという。

お大尽は

「臨月に亡くなった娘をお腹の子供も死んでしまったと思い込んでそのまま葬ったのだったが、娘は死骸のまま出産し子供を育てるために幽霊となって飴を買いに来たのだろう」

と言った。

赤ん坊を墓穴から救い出し、

「この子供はお前のかわりに必ず立派に育てるからな」

と話しかけると、

それまで天を仰いでいた亡骸は頷くように頭をがっくりと落とした。

この子供は後に菩提寺に引き取られて高徳の名僧になったという。
[amazonjs asin=”4801909280″ locale=”JP” title=”怪談五色 破戒 (竹書房文庫)”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ある暑い日の夜

ある暑い日の夜 俺はどうも寝つけず外に散歩に行った 近所の人も俺と同じらしく外にでてきているようだ ふと、向こうから悲鳴が聞こえてきた そういえばもうそんな時期か 俺はそんなことを思いながら散歩をつづ …

病院

友人と2人で病院に行った。 有名な所なので、待合室は混み合っている。 「あーあ、こんなに人が多いなら、来なけりゃ良かったな。」友人がため息をつく。 いよいよ診察室に入ろうとした時、待合室にいた友人が突 …

no image

本当にごめんな

友「本当にごめんな」 俺「おいやめろって!」 友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」 俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」 友「…ありがとう………」 俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」 友「 …

no image

テキサスのおじいさんの家に、都会から孫が遊びに来たのですが、 孫は田舎で退屈そう。そこでおじいさんは、 「猟銃を貸してやるから森で撃ってきていいぞ。この猟犬を連れて行くといい」 「うん、わかった」 そ …

ストーカーからの手紙

1週間ほど前から、どうやらストーカーに遭っているらしい。 仕事から帰ると、部屋の郵便受けに毎日手紙が入っている。 手紙と言っても小さな紙切れで、いつも一言だけしか書いていない。 最初に見たのは「おかえ …

PREV
ラジオ
NEXT
コタツ