中級

飴を下さい

投稿日:

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、

青白い顔をして髪をボザボサに乱した若い女が

「飴を下さい」と一文銭を差し出した。

主人は怪しんだが、

女がいかにも悲しそうな小声で頼むので飴を売ってやった。

翌晩、また女がやってきて「飴を下さい」と一文銭を差し出す。

主人はまた飴を売ってやるが、

女は「どこに住んでいるのか」という主人の問いには答えず消えた。

その翌晩も翌々晩も同じように女は飴を買いに来たが、

とうとう7日目の晩に

「もうお金がないのです。どうかこれで飴を売ってもらえませんか」

と女物の羽織を差し出した。

主人は女を気の毒に思っていたので、羽織と引き換えに飴を渡してやった。

翌日、女が置いていった羽織を店先に干しておくと、

通りがかりのお大尽が店に入ってきて

「この羽織は、先日亡くなった自分の娘の棺桶に入れてやったものだ。これをどこで手に入れたのか」

と聞くので、驚いた主人は女が飴を買いにきたいきさつを話した。

お大尽も大いに驚き主人ともども娘を葬った墓地へ行くと、

新しい土饅頭の中から赤ん坊の泣き声が聞こえた。

掘り起こしてみると、娘の亡骸が生まれたばかりの男の赤ん坊を抱いており、

手には飴屋が売ってやった飴が握られていたという。

お大尽は

「臨月に亡くなった娘をお腹の子供も死んでしまったと思い込んでそのまま葬ったのだったが、娘は死骸のまま出産し子供を育てるために幽霊となって飴を買いに来たのだろう」

と言った。

赤ん坊を墓穴から救い出し、

「この子供はお前のかわりに必ず立派に育てるからな」

と話しかけると、

それまで天を仰いでいた亡骸は頷くように頭をがっくりと落とした。

この子供は後に菩提寺に引き取られて高徳の名僧になったという。
[amazonjs asin=”4801909280″ locale=”JP” title=”怪談五色 破戒 (竹書房文庫)”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

二つの死体

ある町で、男の刺殺体が二つ見つかった。 二つは顔貌からから死に方まで同じだった。 二つの死体のDNAは完全に一致し、 また凶器から死体以外の指紋は検出されなかった。 しかし、検案が終わり解剖へ回されよ …

水くれ

去年の夏、福井県の某キャンプ場に友人四人で行った。 そこは目の前がすぐ海水浴場になっているため、 海のシーズンになると毎年このメンバーで訪れるキャンプ地だった。 夏の海を堪能し、夜はお決まりのバーベキ …

山奥のおじいさん

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。 その手紙が毎日届くようになっ …

コタツ

あなたは知らない人2人と大切な人1人、猫2匹と共に コタツに入っています。 玄関でインターホンが鳴りました。 知らない人1人が玄関に向かいました。 玄関で物音がしました。 知らない人もう1人が玄関に向 …

no image

愛人

前の勤務先の同僚が俺の職場に立ち寄った お互いに既婚者だが俺らはよく飲みに行ったり遊んだ仲だった 久ぶりに合ったんで近所の茶店に行った 俺が「最近どーよ、悪いことしてる?」 すると彼は笑いながら始めた …

PREV
ラジオ
NEXT
コタツ