上級

襖に開けた穴

投稿日:

子供の時、襖に開けた穴に、

嫌いなヤツの悪口や呪いの言葉を書いて隠すという

くだらない一人遊びをしていたことがある

高校の時に父が死んで母は旅館に住み込みで働くことになり、

私は家で一人暮らしすることになった

寂しい時になぜか母や死んだ父の事より、

昔飼っていた犬の事をよく思い出した

あれをやってみようと襖に穴を開けて

呪いの言葉じゃなく犬の写真を丸めて入れた

夜中に襖の穴を見ていると、

何となく犬が穴からこっちを覗いているようで

怖さより懐かしい癒されるような不思議な感じがした・・・

それからは、死んだ父や祖父母や会いたいけど

この世にいない人々の穴を開けて写真や手紙を入れた。

ある日突然、母から電話で

実は付き合っている男がいてその人と再婚したいと言ってきた

母に裏切られたようで、

私は母に対するありとあらゆる呪いの言葉を書いて穴に入れた

今は母とも和解してこの部屋で一緒に暮らしている。

職場に片想いの女性がいるが、

いずれこの部屋で一緒に暮らすことになるだろう

他の男と結婚した事は許せないが、

母と同じで後から話せば私の気持も理解してくれると思う・・・

今では穴だらけになった襖を見てそう確信した。

相変わらずの一人暮らしだが寂しくはない

[amazonjs asin=”4336036837″ locale=”JP” title=”呪い完全マニュアル”]

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

霊感

Aは否定してるが実は霊が見える事を俺は知っている。 この前一緒に駅前を歩いていたら、反対側の踏切の前に老婆を背負ってる男がいた。 じっと俺たちを見ている。 踏切を渡ろうとした時、Aがぽつりとこう言った …

怪しい男

私は仕事ですごく疲れ自分のマンションに帰ってきた。 高い階に住んでいるのでエレベーターに乗ろうとしたらすでに男が乗っていた。 男は帽子を深く被り顔を見せないようにして立っている。 「気持ち悪いなぁ」と …

七人ミサキ

四国の某県某村で、 男に手ひどく振られた女が身投げして七人ミサキになった所がある 七人ミサキとは、 自分が成仏するために七人の命を奪う地縛霊で、 そこでは男ばかり6人が変死した しかし高名な坊主でも祓 …

とあるひき逃げ

去年、友人の妹が車にはねられて死んだ。ひき逃げだった。 犯人はまだ捕まっていない。 その悲しみせいか、去年の誕生日に友人は祝ってくれなかった。 今日の誕生日、友人は久し振りの笑顔を見せた。 そして、誕 …

麻酔

歯医者に行って麻酔を打ってもらった。 麻酔が切れるまで何も食べてはいけないと言われた。 飲みに誘われて、焼肉に行ったが自分一人だけ食べないのはいささか惨めだ。 一枚だけ食べてみた。 何ともなかった。 …