初級

変な光景

投稿日:

「お待たせ。…あれ、どうしたの?」

「うん、ちょっと腱鞘炎ぎみなのよ、最近。」

「ふうん。仕事じゃ、しょうがないよね。

そうだ、さっき変な光景を見たよ。」

「どんな?」

「駅前に一人の男が立ってたんだけど、しばらくして、もう一人男がやってきてさ、いきなり派手に言い争いを始めたみたいなんだ。」

「『みたい』?」

「離れてたから良くわからなかったけど、二人とも、腕を振り回しながら興奮してしゃべってたよ。」

「そう。それから?」

「後から来た方が、自分と相手を指差して、いきなり右手の中指を上に突き上げたんだ。これはてっきり殴り合いになるかと思ったね。」

「まぁ。それでどうなったの?」

「ところが、二人は笑って、抱き合ったんだ。

涙なんか流したりして。感動の再会って感じだったよ。…どう思う?」

「…なるほどね。私、わかったわ。」

「え、どの辺で?…あ、そうか、君の職業と関係あるんだね。」

[amazonjs asin=”4072809101″ locale=”JP” title=”DVDつき ゼロからわかる手話入門―手の動きがすぐにマネできる「ミラー撮影」採用”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

電池交換

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。 ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。 男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引 …

簡単なお仕事

僕たちはある家族の元で仕事をしてるんだ。 仕事っていうのはただ食べ物を食べるだけ。 凄く簡単でしょ? でもそのせいか、結構太ってきたのが最近の悩み(笑)。 1つだけ気になってることがあって、 時々僕た …

肉を全て

「ここにある肉を全て食べないと罰として貴方を殺します」 密室の中に響く無機質な声。 何を馬鹿なと言いたいが相手が真剣な事は周りの死体が物語っている。 俺は巨大な皿に山盛りの肉を見て思う。 残念だが俺は …

子供の頃

子供の頃じわじわ、っていうかもんもんした話。 ただの妄想かもしれない。 子供の頃、私は男だった。 男の名前があって、男子トイレに入ったりして、 「あなたは男の子だからパパとお風呂に行きなさい」 って母 …

拉致監禁

「拉致監禁事件が酷い物になってきていますね。今回の被害者は無事生きて帰ってこれてよかった」 「そうだな。かなりの虐待を受けていたようだし心の傷の治療も時間がかかるだろうが、生きているだけ同じ所に監禁さ …