初級

変な光景

投稿日:

「お待たせ。…あれ、どうしたの?」

「うん、ちょっと腱鞘炎ぎみなのよ、最近。」

「ふうん。仕事じゃ、しょうがないよね。

そうだ、さっき変な光景を見たよ。」

「どんな?」

「駅前に一人の男が立ってたんだけど、しばらくして、もう一人男がやってきてさ、いきなり派手に言い争いを始めたみたいなんだ。」

「『みたい』?」

「離れてたから良くわからなかったけど、二人とも、腕を振り回しながら興奮してしゃべってたよ。」

「そう。それから?」

「後から来た方が、自分と相手を指差して、いきなり右手の中指を上に突き上げたんだ。これはてっきり殴り合いになるかと思ったね。」

「まぁ。それでどうなったの?」

「ところが、二人は笑って、抱き合ったんだ。

涙なんか流したりして。感動の再会って感じだったよ。…どう思う?」

「…なるほどね。私、わかったわ。」

「え、どの辺で?…あ、そうか、君の職業と関係あるんだね。」

[amazonjs asin=”4072809101″ locale=”JP” title=”DVDつき ゼロからわかる手話入門―手の動きがすぐにマネできる「ミラー撮影」採用”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

そんなことで

某自殺サイトのオフ参加したんだけど、結構可愛い女の子とかいてびっくりした。 オフ会ではみんななんで自殺したいのかとか、不幸自慢大会みたいになってて 俺もたまたま隣に座った結構可愛い子に、「なんで自殺考 …

no image

幽霊怖い

恐怖映像見てる途中、閉めていた襖がガタ、ガタと少し揺れたので 誰か帰ったのかと襖を開けたのだが、誰もいない。 俺は叫んだ。 「脅かすんじゃねえよもォォ!違う幽霊かとか思ってビビッちまっただろうがァァ! …

自転車のカゴ

昔から霊感の強かった叔母は、その日もイヤなものに出会ったという。 前から自転車を一生懸命こいでるおばちゃんが目に入った。 坂道でもない平坦な道なのに、そのおばちゃんは汗をかきながら苦しそうに自転車をこ …

壁の穴

ある地方の女子高生が東京の大学に進学が決まり、東京に一人暮らしする事になりました。 とあるマンションで生活を始めているうちに、ある日部屋に小さな穴があいているのに気づきました。 その穴は隣の部屋に続い …

no image

静かな時計

日曜日、新しい時計を買ったんだ。 秒針の音が鳴らない静かな時計、って奴で 家に帰って早速寝室に取り付けてみたらマジで静か。 これで寝る時も静かに寝られる!って上機嫌になって、 普段はあんま見ない時間帯 …