初級

可愛い女の仔

投稿日:

ある所に可愛い女の仔が居ました

その子には2人の心友が居て何時も一緒に居て遊んでいました。

しかしその女の仔と2人は喧嘩をしてしまい

全く喋らなくなってしまいました

ある日その可愛い女の子は思いました

「私を嫌っている子は全員消えちゃえばいいのに」

次の日、ベットから起き上がって窓を開けると

その子の見た世界はものすごく静かなものだった

[amazonjs asin=”B01M358BL3″ locale=”JP” title=”博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ノックして開けてはいけない

私たち、ホテルの客室業務員の間では、 「お客様が居ない部屋をノックして開けてはいけない」 という言い伝えが有ります。 ノックとは呼び掛けたり、呼び出す行為です。 人が居ない部屋をノックすると、そこに居 …

子供の頃

子供の頃じわじわ、っていうかもんもんした話。 ただの妄想かもしれない。 子供の頃、私は男だった。 男の名前があって、男子トイレに入ったりして、 「あなたは男の子だからパパとお風呂に行きなさい」 って母 …

交通事故

今朝、バイト行く途中で交通事故の現場にでくわしてしまった。 ついさっき起こったばかりみたいで、壁にめり込んだ車から煙が上がってる。 車は酷い状態で、こりゃ乗ってた人ヤバいなと思ってたら声がすんの。 よ …

猟奇殺人者

A、B、Cの3人に猟奇殺人者からこう言われた。 「この中のだれかから右腕と左腕を1本ずつ差し出せ。さもなくば全員殺す。」 A「俺は絶対嫌だぞ!お前らがやれ。」 B「じゃあ僕が右腕を切る。」 C「私は左 …

次の電車

駅のホームで女友達とあった。 『どの電車?』 「次の電車」 『一緒だね』 彼女は電車に乗らなかった。 僕は一時間後に次の電車に乗った。