初級

可愛い女の仔

投稿日:

ある所に可愛い女の仔が居ました

その子には2人の心友が居て何時も一緒に居て遊んでいました。

しかしその女の仔と2人は喧嘩をしてしまい

全く喋らなくなってしまいました

ある日その可愛い女の子は思いました

「私を嫌っている子は全員消えちゃえばいいのに」

次の日、ベットから起き上がって窓を開けると

その子の見た世界はものすごく静かなものだった

[amazonjs asin=”B01M358BL3″ locale=”JP” title=”博多弁の女の子はかわいいと思いませんか? 1 (チャンピオンREDコミックス)”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

次の電車

駅のホームで女友達とあった。 『どの電車?』 「次の電車」 『一緒だね』 彼女は電車に乗らなかった。 僕は一時間後に次の電車に乗った。

完全に密閉された部屋

完全に密閉された部屋の中で一ヶ月生活できたら300万というゲームに参加した。 事前に持ち物を用意出来るっていうんで、大量の水と携帯食糧、ライトに電池、携帯ゲームに漫画と持てる限りの荷物で挑んだ。 ゲー …

村の掟

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました …

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

アマガエル

俺の姉は車通勤なんだけど、いつも近道として通る市道がある。 それは河沿いの、両脇が草むらになってる細い道なんだけど 田舎に住む人ならわかると思うけど、そういう道って 夏の雨が降った時とか、アマガエルが …