中級

海藻

投稿日:

いい年をしてぶらぶらと遊び呆け、

多額の借金をこしらえた男がいた。

年老いた母親が八方頭を下げて男の借金を返してやり、

男は母親に連れられて実家へ帰ることになった。

ところが二人が乗り込んだフェリーは岸を離れたところで座礁して沈没し、

男と母親を含めた乗客たちは真っ暗な夜の海へと投げ出された。

水面に上がろうともがく男の足には、海藻が何度も絡みつき、

男はその度に水中深く引き込まれそうになった。

男は海藻を蹴りほどきながら、命からがら海岸まで泳ぎ着いた。

翌朝、浜辺には水死したフェリーの乗客の死体が多数打ち上げられた。

その中には、恨めしげな顔を浮かべた男の母親の死体もあった。

男は震えながら、傍で合掌していた地元の老人に尋ねた。

「じいさん、このあたりの海は海藻が多いんだろ?」

しかし、老人は首を振って答えた。

「いいや。石ころばっかりで、海藻なんか一本も生えてねえ海だよ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ずっと暗かったから

男はアイドルAに夢中だった 安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた 写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった …

濃厚ピーチ

ある日街をあるいてたら変な自販機をみつけたの。 普通の自販機の1.5倍くらいあるくせに、売ってるジュースは二つ。 ジュース名は『濃厚ピーチ』と『ほんわかグレープ』。 100円で安かったし、ちょうど喉も …

no image

飴を下さい

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、 青白い顔をして髪をボザボサに乱した若い女が 「飴を下さい」と一文銭を差し出した。 主人は怪しんだが、 女がいかにも悲しそうな小声で …

もう見えるぞ

『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』 が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。 未だに親類の語り草になってる。 俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。 じいちゃんが死んだのは俺が …

喧嘩

その部屋で男と女がにらみ合っていた。 最初は男が「出て行け!」と怒鳴るが女は口汚くののしるので、 男も手に持っていた物を見せたり投げつけたりした。 そのたびに女は嫌な顔をするが負けては居らずタンスをぶ …