中級

海藻

投稿日:

いい年をしてぶらぶらと遊び呆け、

多額の借金をこしらえた男がいた。

年老いた母親が八方頭を下げて男の借金を返してやり、

男は母親に連れられて実家へ帰ることになった。

ところが二人が乗り込んだフェリーは岸を離れたところで座礁して沈没し、

男と母親を含めた乗客たちは真っ暗な夜の海へと投げ出された。

水面に上がろうともがく男の足には、海藻が何度も絡みつき、

男はその度に水中深く引き込まれそうになった。

男は海藻を蹴りほどきながら、命からがら海岸まで泳ぎ着いた。

翌朝、浜辺には水死したフェリーの乗客の死体が多数打ち上げられた。

その中には、恨めしげな顔を浮かべた男の母親の死体もあった。

男は震えながら、傍で合掌していた地元の老人に尋ねた。

「じいさん、このあたりの海は海藻が多いんだろ?」

しかし、老人は首を振って答えた。

「いいや。石ころばっかりで、海藻なんか一本も生えてねえ海だよ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

愛人

前の勤務先の同僚が俺の職場に立ち寄った お互いに既婚者だが俺らはよく飲みに行ったり遊んだ仲だった 久ぶりに合ったんで近所の茶店に行った 俺が「最近どーよ、悪いことしてる?」 すると彼は笑いながら始めた …

幼なじみで付き合い長い女の子

幼なじみで付き合い長い女の子で、 何でか「さようなら」を言わない子がいるんだ。 見た目普通だし、昔から家も何回かお邪魔したけど、 おかしいところはないのね。 でも、学校の帰りの挨拶も帰り道で別れるとき …

誰かの寝息

その子にはお姉さんがいて、二人とも少し霊感があるらしい。 夜は同じ部屋で寝てたそうだ。  ある日、彼女は寝苦しくて、なかなか寝付けなかった。 そして、しばらくして変なことに気付いた。 二人が寝てる足元 …

斑点

俺がまだ中学生だった時、体がいつも痣だらけだから『斑点』ってあだ名で呼ばれてる女の子がいた。 『斑点』のお父さんが普段から暴力的らしく、クラスメイトがよく『斑点』と彼女のお母さんが二人で泣いているのを …

透視

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった 母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない 警察も半 …