中級

気配を感じる

投稿日:

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」

「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」

「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」
「まったく。あんた神経質すぎるのよ。そんなに気になるなら警察に相談してみたら?」

「う〜ん…でも警察は事件性ないと動いてくれないって言うし…しばらく泊めてくれない?」

「しばらくってどれくらいよ?あたし明日彼氏に逢うから一泊しか無理。」

「じゃあ一泊でいいから。」

「分かったよ。じゃあ行こ。」

「はぁ〜、やっぱり感じる。気のせいかもしれないけど気味悪いから引っ越そうかなぁ。」

「おかえり。遅かったね?気のせいなんかじゃないし、引っ越しなんかできないよ。」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

気が滅入ってしまう

私は仕事の時はいつも電車に乗っている。 今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。 ああ、またか。気が滅入ってしまう

no image

PCメール

姉にはもうすぐ5歳になる子供が居る。 先日、姉の家に寄ったとき、その子にPCメールの使い方を教えた。 後日、その子からのメールが届いた。本文に「6j5えおうえんww7.とd,」とだけ書かれていた。 な …

土間の縁側の下

タクシー運転手の奥さんが、  まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。  父親は仕事ででかけている時間が長く、  そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、  深夜になっても帰ってこないの …

扉つきの物入れ

私の家の廊下の突き当りが袋小路になっていたのを、 定年になったばかりでヒマを持て余している父が 「スペースがもったいないので物置にする。」 と言い出して、一人で工事しはじめました。 何かに取りつかれた …

先生からの電話

ぼくは、学校を休んだ。 腹痛がひどいからだ。 でもうちは死ぬほど貧乏で、薬さえない。 暖かい何かを飲もうと思っても、火が使えない。 先生から電話があった。 「もしもし、早く学校へ来なさい」 「…、」 …