中級

二郎

投稿日:

長男に「二郎」って名前つけようとしたら

親と嫁に猛反対されそうだったから

第二子が生まれたら絶対に「二郎」って名前にしようと思ってたのよ

そのために長男は一郎という名前にして、

二郎への布石はバッチシだった

そんで先月、二人目が無事生まれて、

嫁が難産だったり大変だったんだが

出産後は結構元気でひと安心

反対されたくないから即効で市役所に出生届を出した

無事に俺の子「二郎」が誕生しました

今の俺たちはまさにドラクエⅤの親子4人

このパーティーでロットを埋めるのが僕のささやかな夢って感じ!

以上、幸せna家族のおのろけ
[amazonjs asin=”B007KYGZHG” locale=”JP” title=”一十珍海堂 紋次郎いか 100本入”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

優しいお姉ちゃん

私は13才の中学生 三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し 一つしかないベッドを私に譲ってくれるとても優しいお姉ちゃん 今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に …

彼女ができた

俺にも彼女ができた 包容力のある蠍座のB型 丁度仕事から帰って来た時告白されて 持って来た食材で料理中。 つまり俺にも春が来た たのしい日々が始まりそう 女っ気がない人生から卒業だ ニコニコした生活が …

吊橋が倒壊

俺はど田舎に住んでいて 夜10時ごろに電灯も無い吊橋を渡って、 歩いて10分ぐらいのところにある タバコの自販機へ向かった。 タバコを買い終えると偶然音信不通だった友達に会い、 「久しぶり!」と20分 …

霊感

彼には霊感があった。 戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。 霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。 今日彼は仕事でとあるビルにいた。 彼の職業は …

幼なじみで付き合い長い女の子

幼なじみで付き合い長い女の子で、 何でか「さようなら」を言わない子がいるんだ。 見た目普通だし、昔から家も何回かお邪魔したけど、 おかしいところはないのね。 でも、学校の帰りの挨拶も帰り道で別れるとき …