中級

二郎

投稿日:

長男に「二郎」って名前つけようとしたら

親と嫁に猛反対されそうだったから

第二子が生まれたら絶対に「二郎」って名前にしようと思ってたのよ

そのために長男は一郎という名前にして、

二郎への布石はバッチシだった

そんで先月、二人目が無事生まれて、

嫁が難産だったり大変だったんだが

出産後は結構元気でひと安心

反対されたくないから即効で市役所に出生届を出した

無事に俺の子「二郎」が誕生しました

今の俺たちはまさにドラクエⅤの親子4人

このパーティーでロットを埋めるのが僕のささやかな夢って感じ!

以上、幸せna家族のおのろけ
[amazonjs asin=”B007KYGZHG” locale=”JP” title=”一十珍海堂 紋次郎いか 100本入”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

耐え続けた

それは広大な大地に、しっかりと根を下ろして大きく茂っていた。 ある日、化学物質が混じった雨が降り注いだ。 だが、それは雨の間ずっと耐え忍んだ。 雨は大地を流れ去っていった。 暫くして、熱く乾燥した暴風 …

出張先のホテル

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定深夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな? と思い声をかけたが返事がない。 …

最後のメール

友人から最後のメール 今、心霊スポットに向かってるんだが 詳しい場所を聞いた婆さんが 『あそこはイタズが出るからやめろ』 って言うんだ(笑) いよいよ本物のスポットかもな またメールする

エレベーター

ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。 と、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、 思わず後退りした。 その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。 何だろう、酷い事でもされ …

隣の角部屋

俺はアパート暮らしで、  隣の角部屋には同級生の女友達が住んでいる  そいつが今日突然、  「何か視線を感じる、気味が悪い」  とか何とか言って俺の部屋に泊まりたいとか言ってきた。  俺は仕方なく彼女 …