中級

家族がバラバラ

投稿日:

美紀は食卓の上の残り物を眺めながら、物憂げな表情を浮かべていた。

向かいの席には行儀の悪い弟が食卓に足を投げ出しテレビに目を向けている。

父と母のいる隣の部屋からは紅白歌合戦が聞こえてくる。

今年大流行したアイドルグループの出番のようだ。

弟の行儀の悪さは父親に似たのだろう。

隣の部屋は散らかり放題でグチャグチャ、床には空になった缶ビールが転がり、

耳まで真っ赤にした父親の少し薄くなった頭が視界の端に映る。

その向こうにコタツから頭だけ出して横になった母親が見える。

父親ばかりのせいではないがこの部屋の散らかりようは目に余る。

掃除する人間の身にもなってほしい。

今年になって家族の仲は一層険悪になっていた。

父親の派遣切り、母親のヒステリー、就職浪人の弟。

様々なことが重なり、ここ最近は喧嘩ばかりで家族の溝は深まるばかりだった。

弟と自分は何日も家に戻らないことが多くなり、家族とはすれ違い。

たまに顔を合わせてもそのたびに嫌味ばかり言い合うようになってしまった。

「来年もずっとこの状態は嫌だなぁ」

ふっとそんな考えがよぎる。しかし、そんな事を考えたってどうしようもない。

これまで何度も同じようなことを考えたが、自分から動くことはできなかった。

誰かに助けを求めたいとも思ったが、誰が来ようとこの問題に踏み入ることもできないだろう。

紅白歌合戦が終わってゆく年くる年が始まった。もうすぐ年明けだ。

今年中にはこのギスギスした関係をどうにかしようと思っていたが、もう手遅れだ。

大みそかのこの日、珍しく家族全員が揃っているというのに家族らしい会話も出来やしない。

「このまま家族がバラバラのまま年を越していいのかな?」

座布団の上にデンとのった母親のでかい尻を見ながら美紀はそう思うのだった。

[amazonjs asin=”B016HMG8DW” locale=”JP” title=”ハバ ゲーム スティッキー 【正規輸入品】 4415″]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

帰省

「おい、まだかよ?」 俺は、女房の背中に向かって言った。 どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。 「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」 確かに女 …

敵国兵

A国が、敵国と戦争をしていた頃の話。 私はA国兵として、前線で戦っていた。 命令は単純で、「敵国兵を見つけたら皆殺しにせよ」である。 その命令通り私は敵国兵を何人も殺し、成果を挙げてきた。 しかし私は …

凄い勢いで駆け抜けた子供

3日前の夜中の話。 飲みに行った帰り道、メチャメチヤ寒くてさ 家の近所の自販機で温かい茶を買ってたの。 そしたら右にある交差点を子供が凄い勢いで駆け抜けた。 『こんなに寒いのに・・・』 と思いながら茶 …

5000円札を盗まれた

学生の頃、5000円札を盗まれたことがあった。 体育の時間の後のことだった。 「先生!お金を盗られました!」 その一言で授業は中断。 かくして犯人探しが始まった。 物々しい雰囲気の中、全員財布の中を出 …

no image

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう 古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らな …