中級

古傷が痛む

投稿日:

──私の古傷が痛んだ 入る前から嫌な予感を感じ取っていたからだ。

私は恐る恐る玄関のドアの鍵をはずし、開けた。

気が付いたら病室にいた。

──私の背中の古傷が痛む 同時に頭も痛い。

見回すと、近所のおばちゃんと警官、医者が取り囲んでいた。

みんな無言で下を向いている。

…いつものように学校から帰り…… 

ドアを開けた後……中に入って寝室で見たもの…。

目に入ったのは血だらけの両親だった。

母が、父が、無残な姿をしていた。

瞬間、叫んで倒れ込んだ。

その後聞こえたあの足音と掛け声は、

近所のおばちゃんのものだったようにも思う。

警官が促し、私はついて行く。なおも追憶は続く。

うちは共働きで、平日は二人とも朝早くに出掛け、帰るのは遅い。

いつもなら帰っても二人とも居ないのに、何で家にいたんだろう……。

そうか…あの日は…私の誕生日…。

両親は、二人そろって休みをとってくれたのだろうか…。

そんなこと、今まで一度もなかった。

私より仕事優先だった。

だけど今日は違ったのだ。

なのに、二人は………。

──どうしても痛む、子どもの頃に負った古傷

それにも増して頭がどんどん痛くなる。

私は殺風景な一室に来ていた。

警察が話しかけるが、ぼうっと適当に答えた。

前から、誕生日くらい一緒に居てほしいと思っていた。

二人にもそのことは言っていた。

昨日も断られた。

だけど本当は、驚かせようとして断っていたのだ……。

今朝も、いつも通り支度をしていた。

父も母も私も。

しかし二人の支度は演技だったのだ。

私は両親から愛されていたのだ。

私は警察から開放され、親戚の家に住むことになった。

布団の中でも考える。

私は気付いていた。

悲しさの中にある満足感。

この日は初めて二つの夢がかなったからだ。

一つは、誕生日に両親が”働きに行かず”に”家に居た”こと。

もう一つは…………

──うずくのは、小さい頃に受けた虐待の古傷だ 

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

洗面所

さて、そろそろ出かけるか 時計を見ると昼過ぎだった あー、まだ顔洗ってなかった めんどくさいけど仕方が無い 洗面所の水を出してジャバジャバ顔にかける 洗顔料を指の上に乗せ、泡立てて顔に広げ マッサージ …

no image

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう 古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らな …

噂のトンネル

男は車を走らせていた。 道の途中で道に迷ったがどうやら抜け出せ、まぁまぁ分かる道まで出てきた。 そこは2つの道に別れており、右はかなりの遠回りの道、 左は近道となる一方通行の道だ。 だが道の途中に昔火 …

no image

ずっと暗かったから

男はアイドルAに夢中だった 安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた 写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった …

最高の能力

ある日T氏は、神様から念じることによって、念じたことが実現する能力を得た。 T氏のあまりにも平凡な人生に神様が恵んだ最高の能力であった。 夢を見てこの事を知ったT氏であるが、 当然ながらT氏は信じなか …