中級

黒い手

投稿日:

ある男が黒い手に命を狙われていた。

空中に手だけが浮かんでいて、焦げたように真っ黒な手。

初めてその手に襲われたのは小学校の頃で、それから何度も黒い手は現れた。

いつも自分はなんとか回避することができるが、その度に近くにいた人が殺された。

男はひどい自己嫌悪に陥っていた。

「自分さえいなければあの人たちは死なずにすんだのに」 と思い、悩んでいた。

自殺も考えたが、自分が死んでも犠牲になった人たちが生き返るわけではない。

そして、男はあることを思いついた。

時間をさかのぼって過去の自分を殺し、自分がいなかったことにすれば、 自分のせいで死んだ人達は生き返るのではないだろうか。

男は呪いの本を読んだりして、ついにその方法を知ることができた。

その呪いは、一度実行すれば、過去にさかのぼり 標的を殺すまでいつまでも追い続けるというものだった。

そしてその呪いのためには自分の片手を犠牲にしなければならなかった。

男は真っ黒に焦げた自分の手を見て初めて気付いた。

自分が使ったこの呪いこそが、あの「黒い手」だった。  

[amazonjs asin=”B001K85BN2″ locale=”JP” title=”パナソニック ヒゲトリマー 黒 ER2403PP-K”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サルとボタン

サルを完全に破壊する実験って知ってる? まず、ボタンを押すと必ず餌が出てくる箱をつくる。 それに気がついたサルは、ボタンを押して餌を出すようになる。 食べたい分だけ餌を出したら、その箱には興味を無くす …

血液型

俺ん家は名前に問題はないんだが、 血液型が 父A 母A 俺AB 弟O 妹A と、 バラバラでワロタw 弟だけA入ってねぇw誰だオマエwww [amazonjs asin=”09138661 …

夜道を一人で歩いていた

深夜0:00、ようやくバイトが終わった。 一人夜道を歩いていると、 後ろから「よぉ!」と言う声が。  振り返ると茶髪の男が笑顔で立っていた。  え?誰?と思っていると、  前から「あれ、お前何やってん …

新しいもの好き

俺の彼女は新しいもの好き。 だからといって古いものを捨てられず、部屋の中はまるでゴミ屋敷のよう。 あ、そこにあるのは俺があげた指輪。 その隣にあるのは元カレにもらったと言っていた腕時計。 そこにある手 …

家族がバラバラ

美紀は食卓の上の残り物を眺めながら、物憂げな表情を浮かべていた。 向かいの席には行儀の悪い弟が食卓に足を投げ出しテレビに目を向けている。 父と母のいる隣の部屋からは紅白歌合戦が聞こえてくる。 今年大流 …