中級

黒い手

投稿日:

ある男が黒い手に命を狙われていた。

空中に手だけが浮かんでいて、焦げたように真っ黒な手。

初めてその手に襲われたのは小学校の頃で、それから何度も黒い手は現れた。

いつも自分はなんとか回避することができるが、その度に近くにいた人が殺された。

男はひどい自己嫌悪に陥っていた。

「自分さえいなければあの人たちは死なずにすんだのに」 と思い、悩んでいた。

自殺も考えたが、自分が死んでも犠牲になった人たちが生き返るわけではない。

そして、男はあることを思いついた。

時間をさかのぼって過去の自分を殺し、自分がいなかったことにすれば、 自分のせいで死んだ人達は生き返るのではないだろうか。

男は呪いの本を読んだりして、ついにその方法を知ることができた。

その呪いは、一度実行すれば、過去にさかのぼり 標的を殺すまでいつまでも追い続けるというものだった。

そしてその呪いのためには自分の片手を犠牲にしなければならなかった。

男は真っ黒に焦げた自分の手を見て初めて気付いた。

自分が使ったこの呪いこそが、あの「黒い手」だった。  

[amazonjs asin=”B001K85BN2″ locale=”JP” title=”パナソニック ヒゲトリマー 黒 ER2403PP-K”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

万年床に

友人が引越ししたと言うので酒を片手に遊びに行った 適度に酔いも回り時間も遅いので、帰るのが面倒になって万年床にゴロリ 「あー、そっち足な」と友人 「北枕か?」と聞きながらゴソゴソと反転 「いや、北はあ …

留守番

この前、他県に住む祖母が亡くなって葬式があった  俺は学校休めなかったから行けなくて留守番になった  1人は寂しいので夜友達を呼んで酒飲みながら騒いでた 深夜1時頃、友達の1人が 『あんまり遅くまで遊 …

廃トンネル

今考えると不思議な話。 どう書いていいか説明が難しいが聞いてくれ。 わたしの地元の心霊スポットに廃トンネルがある。 二年前に当時の彼女とそのトンネルに肝試しにいった時。 ガソリンの匂いがする!と彼女が …

兄が殺したのはひとりだけ

兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。 すぐに兄は逮捕され、死刑となった。 妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。 父も母も失い、記憶もない。 空っぽな心で無気力なまま生きていた妹 …

ネットカフェ

「ありがとうございました~。あ~最後の客帰った。暇だぞコラー。客居なくて淋しいwwww」 俺は、とある田舎でネットカフェ店員をしている。 ネットカフェといえば、個室ブースがあったり24時間営業だったり …