中級

黒い手

投稿日:

ある男が黒い手に命を狙われていた。

空中に手だけが浮かんでいて、焦げたように真っ黒な手。

初めてその手に襲われたのは小学校の頃で、それから何度も黒い手は現れた。

いつも自分はなんとか回避することができるが、その度に近くにいた人が殺された。

男はひどい自己嫌悪に陥っていた。

「自分さえいなければあの人たちは死なずにすんだのに」 と思い、悩んでいた。

自殺も考えたが、自分が死んでも犠牲になった人たちが生き返るわけではない。

そして、男はあることを思いついた。

時間をさかのぼって過去の自分を殺し、自分がいなかったことにすれば、 自分のせいで死んだ人達は生き返るのではないだろうか。

男は呪いの本を読んだりして、ついにその方法を知ることができた。

その呪いは、一度実行すれば、過去にさかのぼり 標的を殺すまでいつまでも追い続けるというものだった。

そしてその呪いのためには自分の片手を犠牲にしなければならなかった。

男は真っ黒に焦げた自分の手を見て初めて気付いた。

自分が使ったこの呪いこそが、あの「黒い手」だった。  

[amazonjs asin=”B001K85BN2″ locale=”JP” title=”パナソニック ヒゲトリマー 黒 ER2403PP-K”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

宅配の兄ちゃん

宅配の兄ちゃんと俺の会話 「すいません、こちらの荷物の住所なんですが……」 「ああ、これだったらB棟の一階ですよ」 「ありがとうございます」 それでドアを閉めた。 俺の部屋はC棟の三階にある。  

二郎

長男に「二郎」って名前つけようとしたら 親と嫁に猛反対されそうだったから 第二子が生まれたら絶対に「二郎」って名前にしようと思ってたのよ そのために長男は一郎という名前にして、 二郎への布石はバッチシ …

ある暑い日の夜

ある暑い日の夜 俺はどうも寝つけず外に散歩に行った 近所の人も俺と同じらしく外にでてきているようだ ふと、向こうから悲鳴が聞こえてきた そういえばもうそんな時期か 俺はそんなことを思いながら散歩をつづ …

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …

ワケの分からないこと

俺が公園のベンチに座っていると、突然知らない女が話しかけてきた。 女はワケのわからないことを俺に言ってくる。 気持ち悪い女だと思い適当にあしらって帰ろうとしたが、いきなり俺の妻は死んだとか言いだしたの …