中級

近所に住んでる双子の姉妹

投稿日:

Kは、近所に住んでいる双子の姉妹をストーキングしていた。

姉妹の方も、Kにいつも付回されているってことは気付いていながら、

あまり迷惑そうな顔もしないし、

警察に訴えたりもしていなかったらしい。

この姉妹は見た目がそっくりで、いつも同じ服を着ている。

そんな彼女の顔を見分ける唯一方法がほくろの位置らしい。

姉の方は右目の下、妹の方は左目の下に泣きぼくろがあって、

それで唯一二人を見分けられるんだとか。

その日もKは、昼間から午後にかけて、

いつものように彼女の家の窓から中を覗いていた。

姉妹は、家の中でソファに寄り添って眠っているようだった。

Kは、その安らかな寝顔をずっと見つめていたが、

夕暮れ過ぎになったので飽きて自宅に帰ったんだとか。

それから先は大変だったよ。

姉妹の父親が自殺する騒ぎが起きて、

てんやわんやの騒ぎだった。

自殺に不審な点があるっていうことで遺産相続者の姉妹も取調べを受けたんだけど、

その日、姉妹はずっと自宅のソファで二人で寝ていたというKの証言で疑いは無事晴れたらしい。

そうそう、ドッペルゲンガー騒ぎはこの後だよ。

彼女の後を付け回すだけじゃ物足りなくなったKは、

ある日姉妹の家に不法侵入したらしい。

そして、ソファの方を見て驚いた。

目の前に、もう一人の自分がいた。

つまり、ドッペルゲンガーを見たんだよ。

でも、何てことはなかった。

近づいてよく見てみると、ソファの中心に縦に鏡が嵌めこまれていて、

Kは鏡に映った自分自身を見ただけだったみたいだ。

全く、人騒がせな奴だよ。
[amazonjs asin=”B01N6BZGZM” locale=”JP” title=”双子の帝國 2巻 (バンチコミックス)”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

イケメン

俺の妹の話なんだが こないだあいつが携帯居間におきっぱにしてたからこっそり見ちゃったんだ したら友達にやたらこの人イケメンイケメンってメール送っててさ まあ年頃の女の子ってそんなもんかなーなんて 「モ …

no image

贅沢な食事

今日の晩御飯のメニュー・サラダ・キノコパスタ・サンドイッチと 貧乏な僕の家庭には贅沢な食事だった。 お母さんが仕事から帰って来て作ってくれた。 食事が終わって兄弟3人でにらめっこをした。 3人とも笑い …

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …

no image

さっき部屋の障子開けっぱなしで一階に飲み物取りに行った。 洗面所の前を通るのが最短ルートで鏡に何か写った気がしたのね。 ちょっと鏡をマジマジと見つめてたけどさやっぱり勘違いだったみたい。 んで台所行っ …

no image

ずっと暗かったから

男はアイドルAに夢中だった 安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた 写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった …