中級

近所に住んでる双子の姉妹

投稿日:

Kは、近所に住んでいる双子の姉妹をストーキングしていた。

姉妹の方も、Kにいつも付回されているってことは気付いていながら、

あまり迷惑そうな顔もしないし、

警察に訴えたりもしていなかったらしい。

この姉妹は見た目がそっくりで、いつも同じ服を着ている。

そんな彼女の顔を見分ける唯一方法がほくろの位置らしい。

姉の方は右目の下、妹の方は左目の下に泣きぼくろがあって、

それで唯一二人を見分けられるんだとか。

その日もKは、昼間から午後にかけて、

いつものように彼女の家の窓から中を覗いていた。

姉妹は、家の中でソファに寄り添って眠っているようだった。

Kは、その安らかな寝顔をずっと見つめていたが、

夕暮れ過ぎになったので飽きて自宅に帰ったんだとか。

それから先は大変だったよ。

姉妹の父親が自殺する騒ぎが起きて、

てんやわんやの騒ぎだった。

自殺に不審な点があるっていうことで遺産相続者の姉妹も取調べを受けたんだけど、

その日、姉妹はずっと自宅のソファで二人で寝ていたというKの証言で疑いは無事晴れたらしい。

そうそう、ドッペルゲンガー騒ぎはこの後だよ。

彼女の後を付け回すだけじゃ物足りなくなったKは、

ある日姉妹の家に不法侵入したらしい。

そして、ソファの方を見て驚いた。

目の前に、もう一人の自分がいた。

つまり、ドッペルゲンガーを見たんだよ。

でも、何てことはなかった。

近づいてよく見てみると、ソファの中心に縦に鏡が嵌めこまれていて、

Kは鏡に映った自分自身を見ただけだったみたいだ。

全く、人騒がせな奴だよ。
[amazonjs asin=”B01N6BZGZM” locale=”JP” title=”双子の帝國 2巻 (バンチコミックス)”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

忠犬

ばあちゃんの知人は三匹の犬飼っていた。 ある日ばあちゃんが知人宅を訪れると庭で孤独死していた知人と弱りきった一匹の犬を発見。 他の二匹は鎖に繋がれた首輪だけ残して逃走していた。 知人の死体の腐り具合か …

大事な探し物が書かれた紙

3月。 寒さの中にも春の陽気がちらつき始めている東京。 駅のホームで電車を待つ。 憧れの駅。 賑やかなホーム。 周りで待つ人々。 4月から始まる新しい春に想いを寄せているみたいだ。 泣いてる人がいる。 …

姉が体調崩したらしい

姉が体調崩したらしいとお袋に聞かされた。 結婚したものの不倫浮気だ離婚騒動だで現在もめている真っ最中だそうで。 その心労だろうとの事。 正直俺は、生来気が強くて家出同然に飛び出して行った姉貴に今更関わ …

廃墟

俺が小学生の頃の話。 俺が住んでいた町に廃墟があった。 2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。 ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、地元の人間でも、あま …

心霊写真

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。 その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。 背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの …