中級

生まれつき目が見えない姫

投稿日:

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。

さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。

不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに

侍女や家来に、姫が絶世の美女であるかのように接するよう命じました。

チヤホヤされることにより自分の中で美女として生きてほしかったからです。

姫の20歳の誕生日、盛大なパーティーが開かれました。

パーティーに来た魔法使いが、

姫の成人を祝して何かひとつだけ魔法を使いましょうと王に申し出ました。

王は困ってしまいました。

目が見えないこと以外、何不自由ない姫の一番の願いは

当然目が見えるようになること。

しかしその願いをかなえてしまうと醜い自分の顔を見て、

さぞかしショックを受けるでしょう。

なにより今までついてきた嘘がばれてしまいます、

王は姫に嫌われたくないのです。

王は悩んだ末、姫が2番目に望む願いをかなえるよう魔法使いに頼みました。

王「さぁ、おまえの2番目に望む願いはなんだ」

姫「私が2番目に望む願い、それは目が見えるようになることです」

王「馬鹿な!それはお前がもっとも望む願いであろう!」

姫「いいえ、私がもっとも望む願い、それはこの醜い顔を美しくすることです」  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

未来の予言

1980年のある日、 撤去予定された家屋の中を作業員が整理していると、 子供が書いた筆跡があるノートを見つけた。 書いてあった内容は未来の予言のようなもので、 「平成10年 富士山噴火 平成20年 日 …

二郎

長男に「二郎」って名前つけようとしたら 親と嫁に猛反対されそうだったから 第二子が生まれたら絶対に「二郎」って名前にしようと思ってたのよ そのために長男は一郎という名前にして、 二郎への布石はバッチシ …

先生からの電話

ぼくは、学校を休んだ。 腹痛がひどいからだ。 でもうちは死ぬほど貧乏で、薬さえない。 暖かい何かを飲もうと思っても、火が使えない。 先生から電話があった。 「もしもし、早く学校へ来なさい」 「…、」 …

隣の角部屋

俺はアパート暮らしで、  隣の角部屋には同級生の女友達が住んでいる  そいつが今日突然、  「何か視線を感じる、気味が悪い」  とか何とか言って俺の部屋に泊まりたいとか言ってきた。  俺は仕方なく彼女 …

車の中で目覚めた

朝、車の中で目覚めた。 昨夜は重労働だったもんだから ついつい車を路上に停めて寝こんでしまったのだった。 あくびしながら後部座席から身を起こすと、 両耳から聞こえてくるどよめきとざわめき。 眠い目をこ …