中級

生まれつき目が見えない姫

投稿日:

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。

さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。

不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに

侍女や家来に、姫が絶世の美女であるかのように接するよう命じました。

チヤホヤされることにより自分の中で美女として生きてほしかったからです。

姫の20歳の誕生日、盛大なパーティーが開かれました。

パーティーに来た魔法使いが、

姫の成人を祝して何かひとつだけ魔法を使いましょうと王に申し出ました。

王は困ってしまいました。

目が見えないこと以外、何不自由ない姫の一番の願いは

当然目が見えるようになること。

しかしその願いをかなえてしまうと醜い自分の顔を見て、

さぞかしショックを受けるでしょう。

なにより今までついてきた嘘がばれてしまいます、

王は姫に嫌われたくないのです。

王は悩んだ末、姫が2番目に望む願いをかなえるよう魔法使いに頼みました。

王「さぁ、おまえの2番目に望む願いはなんだ」

姫「私が2番目に望む願い、それは目が見えるようになることです」

王「馬鹿な!それはお前がもっとも望む願いであろう!」

姫「いいえ、私がもっとも望む願い、それはこの醜い顔を美しくすることです」  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夜道を一人で歩いていた

深夜0:00、ようやくバイトが終わった。 一人夜道を歩いていると、 後ろから「よぉ!」と言う声が。  振り返ると茶髪の男が笑顔で立っていた。  え?誰?と思っていると、  前から「あれ、お前何やってん …

いつも俺の前に座るおっさん

いつも会社帰りの電車(終電)の中で、 いつも俺の前に座るおっさんがいるんだ なんか俺を見てニヤニヤしてんの。毎日毎日 気持ち悪いから、会社で仲の良い同僚と居酒屋で一杯やった後、 一緒にその電車で帰った …

no image

腐れ縁

俺は腐れ縁で付き合っていたカノジョを殺すことにした。 高校生時代から、永年連れ添ってきた女なんだが最近結婚しろとかウザいからな。 でも、最近の警察は優秀だから、下手に証拠とか残すと捕まりそうだ。 やっ …

no image

海藻

いい年をしてぶらぶらと遊び呆け、 多額の借金をこしらえた男がいた。 年老いた母親が八方頭を下げて男の借金を返してやり、 男は母親に連れられて実家へ帰ることになった。 ところが二人が乗り込んだフェリーは …

重大なミス

俺は今日、重大なミスを2つ犯した。 1つ目は家の鍵をかけ忘れてしまったことだ。 遅刻しそうだったので慌てて出てきて会社に着いてから気づいた。 なんてことだ。まあ俺の家は風呂もついてない1Rだし盗られる …