中級

ただの喧嘩

投稿日:

ある日バイトの休憩時間に携帯を見たら

留守電に知らない番号のが入ってた

聞いてみたら女の声で

「○○(知らない男の名前)どうして出ないの?殺すよ?

許してほしかったら掛け直すか開けて。私本当に死ぬから」

って入ってた

内容にガクブルしつつこんな電話間違えんなよーと思ってたら

バイト終わってからまた同じ番号で入ってて

「ごめんなさい。間違えていました。ただの喧嘩ですので心配しないでください」

と入ってた

わざわざ弁解するなんて通報されると心配したんだろうか

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ある暑い日の夜

ある暑い日の夜 俺はどうも寝つけず外に散歩に行った 近所の人も俺と同じらしく外にでてきているようだ ふと、向こうから悲鳴が聞こえてきた そういえばもうそんな時期か 俺はそんなことを思いながら散歩をつづ …

霊感

彼には霊感があった。 戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。 霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。 今日彼は仕事でとあるビルにいた。 彼の職業は …

no image

万年床に

友人が引越ししたと言うので酒を片手に遊びに行った 適度に酔いも回り時間も遅いので、帰るのが面倒になって万年床にゴロリ 「あー、そっち足な」と友人 「北枕か?」と聞きながらゴソゴソと反転 「いや、北はあ …

no image

ポストの手紙

帰宅するとポストに手紙が入っていた。 『よんるいのまえきんおろす』 文の下には「文字から2を引く」とヒントらしきものが書かれていた。 少し考えたが面倒くさくなりそのまま寝ることにした。 翌日、僕は遺体 …

no image

地球最後の人間

わたしは地球最後の人間だ。 謎のウイルスと、宇宙人の襲撃で わたし以外の人間は全て死んでしまった。 わたしは、とある洞窟に隠れて生き延びていた。 隠れた日から、欠かさず経過日数を 洞窟の壁に棒を書いて …