初級

読者の手紙

投稿日:

昔、某月刊少女漫画誌の読者の手紙を紹介するコーナーに書いてあった話。

その月のお題は『お母さん』で、みんなお母さんありがとう的な内容だった。

その中で一際目立っていたソレ。

『むかし、お母さんが死ねばいいのにと思って、、

お母さんのご飯に洗剤をかけました。

でも今はお母さんが大好きです。いつもありがとう。

(〇〇ちゃん・四年生)

編集部より…お母さんが無事でよかったね。これからは大切にしてあげてね。』

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

救いの薬草

母親と二人暮らしの少年がいました。 ある日母親が病気で倒れてしまいました。 少年は一生懸命看病しました。 医者はもって1年だろうと言いました。 少年は母親を助けたくて色々な人に話を訊きました。 とある …

朝の出来事

「どれだけ生きていたいか、好きなように言ってみなさい」 低く響き渡る神々しい声で問いかけられた。 100年か?いっそのこと永遠か? しかしいきなり聞かれても困ってしまう… 「さっさと起きて、ごはん食べ …

思春期

父と母が別居したのは、私が中学に入る頃。 別居した父は、隣町にある小さめのマンションを借りて一人暮らしを始めた。 別居の理由はわからない。 父のマンションは中学から歩いて行ける距離だったので、私は週に …

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」 と魔神は言った。 ひとつだけ、か……。 富。 いや、名声。 いや、美女。 いや、絶対権力。 いや、不老不死。 いや、世界平和。 いや、究極の快楽 …

電話での会話

「よう!久しぶり!」 「久しぶり…ゴホ!ゴホっ!」 「どうした?風邪か?」 「ああ悪性のインフルらしい。今、家で寝てるとこ」 「インフルかよ。物騒だな。気をつけろよ」 「本当最近物騒だよ。近所では通り …