中級

夜道を一人で歩いていた

投稿日:

深夜0:00、ようやくバイトが終わった。

一人夜道を歩いていると、

後ろから「よぉ!」と言う声が。 

振り返ると茶髪の男が笑顔で立っていた。 

え?誰?と思っていると、 

前から「あれ、お前何やってんの?」と別の男が。 

あぁ、なんだ俺を呼んだんじゃないのか、 

ビビらせやがって! 

男達はペチャクチャと話をしながら反対方向に歩いて行った。 

カツあげされなくてヨカタ… と、安心して歩き始めると後ろから、 

「アイツまた無視しやがった」  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

運び屋

俺は昔運び屋をやっていた。 だからオートバイで高速を利用するのが日課になっていた。 今日も荷物を届けるために高速に乗り目的地に向かう。 しばらく走ったところで斜線変えてきた車に接触した。 一瞬バランス …

僕の彼女はイタズラ好き

僕の彼女はイタズラ好き。 二人っきりなのに、いきなりちっちゃな両手で「だーれだっ!」なんてしてくる。 答えたら「良くできました」ってよしよししてくれるのは嬉しいけど、 それより早く手をどけてよ。 僕の …

no image

足が痛い

友達が小学生のとき、学校に大きな遊具(滑り台やらうんていやらが合体したアスレチックみたいなやつ)があったらしい。 で、長放課になるとその遊具で遊ぶ生徒が多かったそうだ。 ある日、その遊具で怪我人が出た …

心霊写真

友達と2人で話してたら、久しぶりに心霊写真を撮ってみたいと言いだした。 近くの山道に惨殺事件があってからも、未だに取り壊されず残されてた民家があるので 夜中に行ってみた。 玄関から居間、風呂場とトイレ …

誰かの寝息

その子にはお姉さんがいて、二人とも少し霊感があるらしい。 夜は同じ部屋で寝てたそうだ。  ある日、彼女は寝苦しくて、なかなか寝付けなかった。 そして、しばらくして変なことに気付いた。 二人が寝てる足元 …