中級

夜道を一人で歩いていた

投稿日:

深夜0:00、ようやくバイトが終わった。

一人夜道を歩いていると、

後ろから「よぉ!」と言う声が。 

振り返ると茶髪の男が笑顔で立っていた。 

え?誰?と思っていると、 

前から「あれ、お前何やってんの?」と別の男が。 

あぁ、なんだ俺を呼んだんじゃないのか、 

ビビらせやがって! 

男達はペチャクチャと話をしながら反対方向に歩いて行った。 

カツあげされなくてヨカタ… と、安心して歩き始めると後ろから、 

「アイツまた無視しやがった」  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生まれつき目が見えない姫

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。 さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。 不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに 侍女や家来に …

カプセル

俺は東京、恵美子は地元の大学へ進む事になった。 付き合った2年間で、一番思い出深いものをカプセルに入れ、 校舎裏にある一番大きな松の木の下に埋めた。 俺たちが今後結婚することになった時だけ一緒に掘り起 …

no image

受話器

最近なにかがついて来てる感じがするんだよなぁ。 今日なんて家の電話の受話器が外れて置かれてたんだよ、俺一人暮らしなのにマジ怖いって。 そのとき酔っていたから何となく受話器取ってみたの。 (しーん・・・ …

耐え続けた

それは広大な大地に、しっかりと根を下ろして大きく茂っていた。 ある日、化学物質が混じった雨が降り注いだ。 だが、それは雨の間ずっと耐え忍んだ。 雨は大地を流れ去っていった。 暫くして、熱く乾燥した暴風 …

no image

ノックの音

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな?と思い声をかけたが返事がない。も …