中級

こたつの中

投稿日:

茜は雄一に電話した。

「…あ、もしもし雄一?」

「茜?なんだよこんな時間に…。もう10時だぞ?」

「ごめん。声聞きたくなったの」

茜は雄一の彼女だ。

……いや、今となってはもう彼女というよりストーカーに近い。

きっかり1時間おきにかかる電話、休みの日には必ず一緒に遊ぶ…

雄一はウンザリしていた。

「あのね、今から言うこと絶対声に出さないでね?」

「なんだよ急に…お前いい加減にしろよ?」

「わかってる。でも絶対声に出しちゃダメよ?」

「ソレはわかったよ。で、何?」

雄一はテレビのリモコンをいじりながら、こたつの中に入った。

「実はね、昨日雄一の家に遊びに行った時にこたつの中に変な男がいたの…。

雄一、昨日から一回も外でてないでしょ?だから心配になって…」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

止めない?

会社にリストラされて自殺を決意したが、 一人で死ぬ度胸が無かったオレは自殺サイトで仲間を集った。 すると三人の男女から返信があった。  数日後オレたちは田舎の小さなペンションに訪れた。  もちろん自殺 …

姉の出産後

姉が出産後  実家に帰ってきた時の話  二階で寝ていたら  姉の子供の夜泣で起こされた  部屋が隣だから正直うるさい  一度起きてしまったら  なかなか、寝付けない体質なので  一階の冷蔵庫へ酒を取り …

年上の女

ある年上の女と知り合った。 40になったばかりというが20代後半にみえるくらい若々しく、美人で妖艶でいい女だった。 何度か会う内に俺の部屋に来る事になった。 部屋で映画見てたら、彼女が「トイレ借りてい …

赤ん坊の泣き声

うちの知人は、会った事のないアパートのお隣さんの赤ん坊が どうなっているのか気になるのだという。 あった事ないのに赤ん坊がいるのを知っているのは、 時々鳴き声がしたり、ベランダに赤ちゃんの服が干してあ …

no image

本当にごめんな

友「本当にごめんな」 俺「おいやめろって!」 友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」 俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」 友「…ありがとう………」 俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」 友「 …