中級

こたつの中

投稿日:

茜は雄一に電話した。

「…あ、もしもし雄一?」

「茜?なんだよこんな時間に…。もう10時だぞ?」

「ごめん。声聞きたくなったの」

茜は雄一の彼女だ。

……いや、今となってはもう彼女というよりストーカーに近い。

きっかり1時間おきにかかる電話、休みの日には必ず一緒に遊ぶ…

雄一はウンザリしていた。

「あのね、今から言うこと絶対声に出さないでね?」

「なんだよ急に…お前いい加減にしろよ?」

「わかってる。でも絶対声に出しちゃダメよ?」

「ソレはわかったよ。で、何?」

雄一はテレビのリモコンをいじりながら、こたつの中に入った。

「実はね、昨日雄一の家に遊びに行った時にこたつの中に変な男がいたの…。

雄一、昨日から一回も外でてないでしょ?だから心配になって…」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ラッキーキャンペーン

うちのアパート、隣は男の一人暮らしのはずなんだけど、 ふと耳をすますと、ときどき女の子の声が聞こえてくるんだよ。 最初は恋人でも来てるのかと思ったけど、そんな感じでもない。 なんか、泣き声混じりに、お …

ドナーカード

医者「臓器適合者が見つかりましたよ」 患者「本当ですか!?これで助かるんですね」 医者「あと数ヶ月遅かったら手遅れになる所でした。 ところでドナーカードはお持ちですか?」

no image

地球最後の人間

わたしは地球最後の人間だ。 謎のウイルスと、宇宙人の襲撃で わたし以外の人間は全て死んでしまった。 わたしは、とある洞窟に隠れて生き延びていた。 隠れた日から、欠かさず経過日数を 洞窟の壁に棒を書いて …

酷いイジメ

可哀想な女の子の話。 女の子は学校で毎日酷いイジメにあっていた。 同じクラスの女子生徒に人目につかない所に連れて行かれ 周囲にわからないようにイジメられていた。 ある日その女の子は学校のトイレで自殺し …

凄い勢いで駆け抜けた子供

3日前の夜中の話。 飲みに行った帰り道、メチャメチヤ寒くてさ 家の近所の自販機で温かい茶を買ってたの。 そしたら右にある交差点を子供が凄い勢いで駆け抜けた。 『こんなに寒いのに・・・』 と思いながら茶 …