中級

もう見えるぞ

投稿日:

『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』

が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。

未だに親類の語り草になってる。

俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。

じいちゃんが死んだのは俺が中学2年のときで、

その遺品の整理をばあちゃんがしてるのを俺は手伝いに(邪魔しに)行った。

古い写真がいっぱい出てきて、最初は面白がって見てたんだけど、

気持ちの悪い写真が出てきてだんだん怖くなってきた。

どんなのかというと、白黒の記念写真で30歳くらいのじいちゃんが、

観光地(温泉街)の名所をバックにポーズをとってる。

何枚もあるんだけど、よく見るとじいちゃんの立ち位置が写真の中心からずれてる。

ぱっと見ぜんぜん普通の写真だけど、そのズレだけで気分が悪くなった。

まるでじいちゃんの隣にだれかもう一人いて、

それでどっちかに寄ってるような感じだった。

見えないけど、これは心霊写真の一種じゃないかと思ってゾッとした。

その写真のことを恐る恐るばあちゃんに聞いてみたけど、

当時ばあちゃんはもう微妙にボケが始まってて、

なにかトンチンカンなことを話し出したけどよく覚えていない。

自分の家に帰ってから、親父にその写真のことを話して、

「じいちゃんは霊感が強かったのか」と聞いたら、

変に真面目な顔でこう言われた。

「バカおまえ、あの写真を撮ったのはばあちゃんだぞ」

どうやら見えていたのは、ばあちゃんの方だったらしい。
[amazonjs asin=”B01KEDGK9W” locale=”JP” title=”綺麗なナース図鑑Vol.5”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …

うたた寝

電車でうたた寝しちゃってたみたいだ。 肩をポンポンっとたたかれてハッと目が覚めた。 見上げると見たことのない陰気くさいおっさんが立っていた。 「つきましたよ」 とそのおっさんは言う。 え?寝過ごした? …

no image

愛人

前の勤務先の同僚が俺の職場に立ち寄った お互いに既婚者だが俺らはよく飲みに行ったり遊んだ仲だった 久ぶりに合ったんで近所の茶店に行った 俺が「最近どーよ、悪いことしてる?」 すると彼は笑いながら始めた …

鍵がない

バイトから帰ってきたら鍵がないことに気づいた マジやばい。 どうしよ~、もう夜中の2時だし管理人さんも寝てるだろうな でも合い鍵作ってないから、あれがないと入れないしな どっかで落としたのかな~、でも …

妻の様子がおかしい

最近、妻の様子がおかしい 遠くの方を見て考え事をしている時間が増えたし、 私との会話でも、そっけない返事をするばかりで、どこか上の空だ。 ―――学生時代、バスケットボール部のエースだった私と マネージ …