中級

もう見えるぞ

投稿日:

『もう見えるぞ。もう見えるぞ。紙と筆をもってこい』

が、臨終の言葉だったうちのじいちゃん。

未だに親類の語り草になってる。

俺は直接は聞けなかったけど、想像すると怖すぎる。

じいちゃんが死んだのは俺が中学2年のときで、

その遺品の整理をばあちゃんがしてるのを俺は手伝いに(邪魔しに)行った。

古い写真がいっぱい出てきて、最初は面白がって見てたんだけど、

気持ちの悪い写真が出てきてだんだん怖くなってきた。

どんなのかというと、白黒の記念写真で30歳くらいのじいちゃんが、

観光地(温泉街)の名所をバックにポーズをとってる。

何枚もあるんだけど、よく見るとじいちゃんの立ち位置が写真の中心からずれてる。

ぱっと見ぜんぜん普通の写真だけど、そのズレだけで気分が悪くなった。

まるでじいちゃんの隣にだれかもう一人いて、

それでどっちかに寄ってるような感じだった。

見えないけど、これは心霊写真の一種じゃないかと思ってゾッとした。

その写真のことを恐る恐るばあちゃんに聞いてみたけど、

当時ばあちゃんはもう微妙にボケが始まってて、

なにかトンチンカンなことを話し出したけどよく覚えていない。

自分の家に帰ってから、親父にその写真のことを話して、

「じいちゃんは霊感が強かったのか」と聞いたら、

変に真面目な顔でこう言われた。

「バカおまえ、あの写真を撮ったのはばあちゃんだぞ」

どうやら見えていたのは、ばあちゃんの方だったらしい。
[amazonjs asin=”B01KEDGK9W” locale=”JP” title=”綺麗なナース図鑑Vol.5”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …

兄が殺したのはひとりだけ

兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。 すぐに兄は逮捕され、死刑となった。 妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。 父も母も失い、記憶もない。 空っぽな心で無気力なまま生きていた妹 …

独身の先生

半年前、ウチの子の小学校の担任の先生から 「急ぎの大事なお話があります」って電話がかかってきたんです。 何かあったのかしらと思ってると「おちついて聞いて下さい」って言うのよ。 余計不安になっちゃったわ …

no image

スーパー赤ちゃん

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。 その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。 第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうで …

留守番

この前、他県に住む祖母が亡くなって葬式があった  俺は学校休めなかったから行けなくて留守番になった  1人は寂しいので夜友達を呼んで酒飲みながら騒いでた 深夜1時頃、友達の1人が 『あんまり遅くまで遊 …