中級

扉つきの物入れ

投稿日:

私の家の廊下の突き当りが袋小路になっていたのを、

定年になったばかりでヒマを持て余している父が

「スペースがもったいないので物置にする。」

と言い出して、一人で工事しはじめました。

何かに取りつかれたように父は作業をし、

わずか一日で上下二段で扉つきの物入れが出来ました。

翌日家に帰るといるはずの父が見当たらなく、また物入れの作業中かと思い

廊下へ出てみると物入れの扉には新たに南京錠が取りつけてありました。

結局、その日父は帰ってこず翌日の晩になりました。

不安になった母に物入れのカギを壊して中を見てくれとせがまれ、

私も父がカギをつけてまでしまいこんだ物が気になり、

丁寧に南京錠の掛っている金具ごと取りはずしました。

中には薄ら笑いでうつろな目をしている父が体育座りでこちらを向いてました。

今日も父は物入れの下段に入りこんで、楽しそうに宙を見ながら笑っています。

[amazonjs asin=”B000N7ZCRQ” locale=”JP” title=”日本ロックサービス ABUS 番号式 南京錠 155 20ミリ”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

生まれつき目が見えない姫

とある王国に生まれつき目が見えない姫がいました。 さらに不幸なことに姫の顔は言葉では言い表せないくらい酷く醜かったのです。 不憫に思った王は姫が自分の顔を見ることができないのをいいことに 侍女や家来に …

2つの着信音

ある休日俺は友人2人とドライブに行った 友人Aが車を運転しながら 「こうして3人で集まるのは久しぶりだな」 助手席で俺は携帯をいじりながら 「そうだな、今日は楽しもうぜ」 後部座席で友人Cが携帯を片手 …

妹の日記

少女は11歳だったが、病死した。 家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。 14歳の兄が少女の部屋へ行くと、 机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。 日記の最後のページは、 少女が死んだ日 …

海と山

子どもA「ボクんち、みんなで自動車に乗って海へ行ったんだぞ」 子どもB(ボクんちだって、みんなで自動車に乗って山へ行ったんだぞ) 子どもA「砂浜に穴を掘ってパパを埋めたんだ」 子どもB(ボクんちだって …

no image

さっき部屋の障子開けっぱなしで一階に飲み物取りに行った。 洗面所の前を通るのが最短ルートで鏡に何か写った気がしたのね。 ちょっと鏡をマジマジと見つめてたけどさやっぱり勘違いだったみたい。 んで台所行っ …