中級

扉つきの物入れ

投稿日:

私の家の廊下の突き当りが袋小路になっていたのを、

定年になったばかりでヒマを持て余している父が

「スペースがもったいないので物置にする。」

と言い出して、一人で工事しはじめました。

何かに取りつかれたように父は作業をし、

わずか一日で上下二段で扉つきの物入れが出来ました。

翌日家に帰るといるはずの父が見当たらなく、また物入れの作業中かと思い

廊下へ出てみると物入れの扉には新たに南京錠が取りつけてありました。

結局、その日父は帰ってこず翌日の晩になりました。

不安になった母に物入れのカギを壊して中を見てくれとせがまれ、

私も父がカギをつけてまでしまいこんだ物が気になり、

丁寧に南京錠の掛っている金具ごと取りはずしました。

中には薄ら笑いでうつろな目をしている父が体育座りでこちらを向いてました。

今日も父は物入れの下段に入りこんで、楽しそうに宙を見ながら笑っています。

[amazonjs asin=”B000N7ZCRQ” locale=”JP” title=”日本ロックサービス ABUS 番号式 南京錠 155 20ミリ”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

敵国兵

A国が、敵国と戦争をしていた頃の話。 私はA国兵として、前線で戦っていた。 命令は単純で、「敵国兵を見つけたら皆殺しにせよ」である。 その命令通り私は敵国兵を何人も殺し、成果を挙げてきた。 しかし私は …

黒い手

ある男が黒い手に命を狙われていた。 空中に手だけが浮かんでいて、焦げたように真っ黒な手。 初めてその手に襲われたのは小学校の頃で、それから何度も黒い手は現れた。 いつも自分はなんとか回避することができ …

no image

公園の砂場

少女が公園で遊んでいた 母はそれをしばらく見て先に家に帰った 夕飯時になりその子が家に帰ってきた しかし左目を痛そうに擦っている 母が「どうしたの?」と聞くと娘は 「公園の砂場で目が砂に入っちゃって取 …

新しいもの好き

俺の彼女は新しいもの好き。 だからといって古いものを捨てられず、部屋の中はまるでゴミ屋敷のよう。 あ、そこにあるのは俺があげた指輪。 その隣にあるのは元カレにもらったと言っていた腕時計。 そこにある手 …

姉の心臓位置にある骨

姉が亡くなった。 優しい姉だった。 まだ死ぬには早すぎた。 眠っているように見えた。 姉の体を焼く前に最後の対面をした。 静かに胸の前で重ねられた腕に私は優しくキスをした。 それからすぐに姉は焼かれた …