上級

不審な着信

投稿日:

残業していた俺に部下の女性が青ざめた顔して、

携帯を見せた訳がわからずいると、 

いま家から携帯に着信が入ったの怖いから家まで付き合ってと言ってきた。 

一人暮らしで家には誰もいない、なのに着信が入ったらしい 

怖がってる部下を放ってもおけず、一緒に部屋まで行った。 

部屋に付くと電気は消えていた、 

俺が鍵を開け恐る恐る中に入って電気を付ける 

トイレやクローゼット、ベッドの下等確認、誰もいなかった。 

部屋も整理されていておかしな所はなく、 

緊張が取れよく見ると女性の一人暮らしらしい 

小奇麗で良い匂いのする部屋だった。 

安全を確認して部下に連絡して部屋に来てもらう。 

警察に連絡する?と言うと大げさにしたくないから止めときます、 

何かの拍子に電話機のリダイヤルが働いたのかも知れないし。 

○○さんご飯まだでしょ、よかったら作りますから一緒に食べませんか? 

一人じゃまだ怖いし…。 

怖がってる女性を一人にするのも悪いし、 

せっかくご飯を作ってくれるって言ってるし 

妻とは別居して外食やコンビニ弁当にも飽きたし、 

などと自分に都合のよく考えご馳走になる事にした。 

その日は食事をして、 

まだ怖いと言うので深夜まで話をして帰宅した。  

それから暫くして部下は突然退職、 

そして妻から離婚調停の知らせが 

俺の浮気が原因だそうだ、証拠もあるらしい。 

この時初めて気が付いた、、、  

[amazonjs asin=”B008MH8SDE” locale=”JP” title=”結婚祝い 記念日 プレゼント【黒】【コットン】浮気禁止 妻専用 ジョーク雑貨 ボクサーパンツ (L)”]

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

でどでんこめんさん

オランダといえば、うちの田舎にこんな伝承がある。 でどでんこめんさん。 昔、江戸時代にうちの田舎に 「でどでんこめんさん」って言う鬼?が現れたらしい。 大きくて肌が赤くて異様な服を着てたらしい。 で、 …

夜中の病院での出来事

とある病院での夜中の出来事。 記録室で書き物をしていたらひょっこりと部屋を覗く気配がした。○さん。 「どうしたの?○さん」 声を失う手術をした○さん、困ったように立っている。 「家に電話?何かあった? …

暗証番号

学生時代に住んでいたアパートの鍵はテンキーだったんだが、夜中の3時頃に部屋で漫画を読んでいたら突然ドアノブをがちゃがちゃする音が聞こえた。 ビビったけど鍵かけてるし大丈夫だと思っていたらピッピッと暗証 …

敵のアジト

俺とAは任務で敵のアジトに潜入していた 俺は地上3階、Aは地下3階でそれぞれ作業をしていた 任務は順調に思えたが、上司から即時撤退の指示が出た 潜入は敵にばれていて爆弾が仕掛けられていたらしい 急いで …

アトリエ

10年程前の話。 美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。 その部屋で暮らしているわけではなく、絵を描くためだけに借りたアパート。 せっかく借りてるのに住まないなんてもったい …