中級

土間の縁側の下

投稿日:

タクシー運転手の奥さんが、 

まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。 

父親は仕事ででかけている時間が長く、 

そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、 

深夜になっても帰ってこないのものだから、 

親切で面倒をみていた隣人もさすがにしびれを切らして、 

子どもをひとりの家に帰してしまうことも多かった。 

子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、 

親の名を呼んで泣いていたそうだ。 

ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、笑い声が聞こえてきた。 

隣人は、「ああ父親が帰ってきたのだな」と納得したのだけど、 

そのしばらくあとに父親の帰宅する音が聞こえてきて、 

「父ちゃんおかえり」と子どもが出迎えている。 

そうした夜が何晩かつづいて、不審になった隣人はある晩、 

子どもの様子をみにいった。 

子どもは、暗い部屋でひとりで喋っては笑っている。 

その様子が、だれかと話しているもののようなので、

翌日、父親にそのことを話した。 

父親は、子どもに毎晩だれと話しているのか、とたずねた。 

「母ちゃんだよ。おいらが寂しくて泣いてると、母ちゃんがきて、 

だっこしたり、頬ずりしたりしてくれるの」 

「それで母ちゃんはどっから入ってくるんだ?」 

子どもは、土間の縁側を指さした。 

「あの下から、にこにこしながら這ってでてくるよ」 

それから父親は仕事をかえて、早く帰宅するようになったそうだ。  

[amazonjs asin=”B01BY2S37O” locale=”JP” title=”「おかあさんといっしょ」メモリアルベスト~しあわせをありがとう~ DVD”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

痴漢

帰宅の途中、電車に乗っていると近くの女性が痴漢にあっているようだった すぐに助けようと思ったが、勘違いかもしれないので 「痴漢されているなら、首を左右に振ってください」 と確認のメールを送ってみた す …

暗い山道

月明かりも街灯も民家の灯りも無い山道。 急いで車を飛ばし家路へと急ぐ。 するといきなり人が飛び出してきた。 急ブレーキを踏み何とか衝突は避けた。 相手も無事な様だが、凄まじい形相で何か言っている。 何 …

ストーカー

今日もまた上司に怒鳴られた。 OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。 「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」 そんなことを考えつつ帰宅した。 家といっても、たった二部屋しかないボロアパー …

妹の日記

少女は11歳だったが、病死した。 家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。 14歳の兄が少女の部屋へ行くと、 机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。 日記の最後のページは、 少女が死んだ日 …

大事な探し物が書かれた紙

3月。 寒さの中にも春の陽気がちらつき始めている東京。 駅のホームで電車を待つ。 憧れの駅。 賑やかなホーム。 周りで待つ人々。 4月から始まる新しい春に想いを寄せているみたいだ。 泣いてる人がいる。 …