中級

土間の縁側の下

投稿日:

タクシー運転手の奥さんが、 

まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。 

父親は仕事ででかけている時間が長く、 

そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、 

深夜になっても帰ってこないのものだから、 

親切で面倒をみていた隣人もさすがにしびれを切らして、 

子どもをひとりの家に帰してしまうことも多かった。 

子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、 

親の名を呼んで泣いていたそうだ。 

ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、笑い声が聞こえてきた。 

隣人は、「ああ父親が帰ってきたのだな」と納得したのだけど、 

そのしばらくあとに父親の帰宅する音が聞こえてきて、 

「父ちゃんおかえり」と子どもが出迎えている。 

そうした夜が何晩かつづいて、不審になった隣人はある晩、 

子どもの様子をみにいった。 

子どもは、暗い部屋でひとりで喋っては笑っている。 

その様子が、だれかと話しているもののようなので、

翌日、父親にそのことを話した。 

父親は、子どもに毎晩だれと話しているのか、とたずねた。 

「母ちゃんだよ。おいらが寂しくて泣いてると、母ちゃんがきて、 

だっこしたり、頬ずりしたりしてくれるの」 

「それで母ちゃんはどっから入ってくるんだ?」 

子どもは、土間の縁側を指さした。 

「あの下から、にこにこしながら這ってでてくるよ」 

それから父親は仕事をかえて、早く帰宅するようになったそうだ。  

[amazonjs asin=”B01BY2S37O” locale=”JP” title=”「おかあさんといっしょ」メモリアルベスト~しあわせをありがとう~ DVD”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

先生からの電話

ぼくは、学校を休んだ。 腹痛がひどいからだ。 でもうちは死ぬほど貧乏で、薬さえない。 暖かい何かを飲もうと思っても、火が使えない。 先生から電話があった。 「もしもし、早く学校へ来なさい」 「…、」 …

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …

海と山

子どもA「ボクんち、みんなで自動車に乗って海へ行ったんだぞ」 子どもB(ボクんちだって、みんなで自動車に乗って山へ行ったんだぞ) 子どもA「砂浜に穴を掘ってパパを埋めたんだ」 子どもB(ボクんちだって …

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …

no image

腹部の腫瘍

医学部時代の友人から連絡がきた。 「恋人の腹部に腫瘍ができてしまったんだ。すぐ手術すればいいのに嫌がって、やっと説得したんだがもう普通の病院では手遅れだ」 「それは気の毒だな」 「そこでお前に手術して …