中級

土間の縁側の下

投稿日:

タクシー運転手の奥さんが、 

まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。 

父親は仕事ででかけている時間が長く、 

そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、 

深夜になっても帰ってこないのものだから、 

親切で面倒をみていた隣人もさすがにしびれを切らして、 

子どもをひとりの家に帰してしまうことも多かった。 

子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、 

親の名を呼んで泣いていたそうだ。 

ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、笑い声が聞こえてきた。 

隣人は、「ああ父親が帰ってきたのだな」と納得したのだけど、 

そのしばらくあとに父親の帰宅する音が聞こえてきて、 

「父ちゃんおかえり」と子どもが出迎えている。 

そうした夜が何晩かつづいて、不審になった隣人はある晩、 

子どもの様子をみにいった。 

子どもは、暗い部屋でひとりで喋っては笑っている。 

その様子が、だれかと話しているもののようなので、

翌日、父親にそのことを話した。 

父親は、子どもに毎晩だれと話しているのか、とたずねた。 

「母ちゃんだよ。おいらが寂しくて泣いてると、母ちゃんがきて、 

だっこしたり、頬ずりしたりしてくれるの」 

「それで母ちゃんはどっから入ってくるんだ?」 

子どもは、土間の縁側を指さした。 

「あの下から、にこにこしながら這ってでてくるよ」 

それから父親は仕事をかえて、早く帰宅するようになったそうだ。  

[amazonjs asin=”B01BY2S37O” locale=”JP” title=”「おかあさんといっしょ」メモリアルベスト~しあわせをありがとう~ DVD”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

私はダメな女

私はダメな女 でも、ダメな女にもそれなりのとりえはあるもの 私は料理がヘタ でも、お茶をつぐことはできる 私は頭が悪い でも、勘はいい 私は目が悪い でも、耳はいい 私は運動音痴 でも、力だけは有り余 …

no image

千羽鶴

高校は離れたんだけど近所の友達 友達っても母親同士が仲良しな位で あんまり付き合いはない そいつが入院したんで見舞いに行った 何で入院したのか知らないんだけど行ったら寝てた 枕元には千羽もない百羽位の …

未来の予言

1980年のある日、 撤去予定された家屋の中を作業員が整理していると、 子供が書いた筆跡があるノートを見つけた。 書いてあった内容は未来の予言のようなもので、 「平成10年 富士山噴火 平成20年 日 …

転校生

中学三年の時、Aという男子の転校生がうちのクラスに来た。  席が俺の隣になったので、休み時間に話しかけたらすぐに打ちとけた。  お互いの家族構成なんかを話してると、  ずいぶん前に死に別れた姉がいたこ …

二つの死体

ある町で、男の刺殺体が二つ見つかった。 二つは顔貌からから死に方まで同じだった。 二つの死体のDNAは完全に一致し、 また凶器から死体以外の指紋は検出されなかった。 しかし、検案が終わり解剖へ回されよ …