中級

土間の縁側の下

投稿日:

タクシー運転手の奥さんが、 

まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。 

父親は仕事ででかけている時間が長く、 

そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、 

深夜になっても帰ってこないのものだから、 

親切で面倒をみていた隣人もさすがにしびれを切らして、 

子どもをひとりの家に帰してしまうことも多かった。 

子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、 

親の名を呼んで泣いていたそうだ。 

ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、笑い声が聞こえてきた。 

隣人は、「ああ父親が帰ってきたのだな」と納得したのだけど、 

そのしばらくあとに父親の帰宅する音が聞こえてきて、 

「父ちゃんおかえり」と子どもが出迎えている。 

そうした夜が何晩かつづいて、不審になった隣人はある晩、 

子どもの様子をみにいった。 

子どもは、暗い部屋でひとりで喋っては笑っている。 

その様子が、だれかと話しているもののようなので、

翌日、父親にそのことを話した。 

父親は、子どもに毎晩だれと話しているのか、とたずねた。 

「母ちゃんだよ。おいらが寂しくて泣いてると、母ちゃんがきて、 

だっこしたり、頬ずりしたりしてくれるの」 

「それで母ちゃんはどっから入ってくるんだ?」 

子どもは、土間の縁側を指さした。 

「あの下から、にこにこしながら這ってでてくるよ」 

それから父親は仕事をかえて、早く帰宅するようになったそうだ。  

[amazonjs asin=”B01BY2S37O” locale=”JP” title=”「おかあさんといっしょ」メモリアルベスト~しあわせをありがとう~ DVD”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ずっと暗かったから

男はアイドルAに夢中だった 安月給のため生活に余裕はなかったが使える金は全てアイドルAにつぎ込んでいた 写真集やDVDの発売イベントには必ず顔を出し、その場でありったけの金を使うことが男の日常だった …

no image

テキサスのおじいさんの家に、都会から孫が遊びに来たのですが、 孫は田舎で退屈そう。そこでおじいさんは、 「猟銃を貸してやるから森で撃ってきていいぞ。この猟犬を連れて行くといい」 「うん、わかった」 そ …

敵国兵

A国が、敵国と戦争をしていた頃の話。 私はA国兵として、前線で戦っていた。 命令は単純で、「敵国兵を見つけたら皆殺しにせよ」である。 その命令通り私は敵国兵を何人も殺し、成果を挙げてきた。 しかし私は …

山奥のおじいさん

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。 その手紙が毎日届くようになっ …

本格的な温泉

今日風呂に入ろうとしたら本格的な温泉ぽい香りがしたので、 母に「入浴剤替えたの?」 と尋ねると、 「そ、そうなのよ、今日特売で安かったから」 というなんだかぎこちない返事が返ってきた。 しかしいざ入浴 …