初級

天国に一番近い秘境

投稿日:

フリーライターの俺は、今、アフリカの某所に来ている。

今回の取材のテーマは「天国に一番近い秘境」。 

カタコトの日本語を操る現地人通訳と2人で、 

山奥の村に向かっているところだ。 

俺たちが村に着くと、ガリガリに痩せた村人たちが出迎えてくれた。 

日本人が珍しいのか、それとも元来陽気な性質なのか、 

まるで祭りのような彼らの歓迎ぶりが妙に気恥ずかしい。 

長老らしき爺さんに挨拶を済ませた俺は、ある小屋へ案内された。 

ここは、風呂…だろうか。 

長旅の疲れを取ってくれ、ということか。素直にありがたい。 

通訳がニコニコしながら言う。 

「オ湯、入タラ、ゴ馳走、ナリマス」 

風呂の後には宴会か、そりゃあいい。 

俺は上機嫌で、薬草のようなものがたくさん浮かぶ湯船に飛び込んだ。 

[amazonjs asin=”B01LY19Q7E” locale=”JP” title=”ジャングル・ブック MovieNEX ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド Blu-ray”]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

胸騒ぎ

ある女子大生の話 その子はマンションに一人暮らししてるんだけど、 ある夜寝てたら妙な胸騒ぎがしたんだって 気になって起きてみると、玄関の外に違和感を感じたらしい 別に特別霊感があるわけじゃないけどなん …

靴屋さんに手紙

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。 「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」 少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。 男との別 …

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」 と魔神は言った。 ひとつだけ、か……。 富。 いや、名声。 いや、美女。 いや、絶対権力。 いや、不老不死。 いや、世界平和。 いや、究極の快楽 …

三つの薬

「こちらの座薬は寝る前に こちらの赤い薬は食後に こちらの白い薬は食前に飲んでくださいね」 丁寧な説明に頷きながら わたしは薬を受け取り、病院を後にした。 帰ってきたわたしを心配し 玄関に駆け付けてき …

あなた

海に行きたいと言ったあなた たくさん泳ぎたいと言ったあなた 仕事が休めないと言ったら少し拗ねたあなた 友達と行ってくると言ったあなた 笑顔で喜んでいたあなた いっぱい日焼けをしてくると言ったあなた 嬉 …