中級

先生からの電話

投稿日:

ぼくは、学校を休んだ。

腹痛がひどいからだ。

でもうちは死ぬほど貧乏で、薬さえない。

暖かい何かを飲もうと思っても、火が使えない。

先生から電話があった。

「もしもし、早く学校へ来なさい」

「…、」

でもぼくは、腹痛がひどく、行けない。

「行けない」

そういうと

「何を言ってる、約束はどうしたんだ、俺達は今学校へいる。校庭に出てる。来い」

内容が少し、おかしいと思った。

しかも、話し方も。

学校に30秒ほどで行ける場所にあるぼくのマンション。

窓から校庭を見てみた。

次の瞬間ぼくは電話を切り、窓のカーテンを閉め、公衆電話へ走った。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …

ストーカー

今日もまた上司に怒鳴られた。 OL仲間の間でもかなり評判が悪いハゲだ。 「私のストーカーの犯人はあのハゲだったりして…。」 そんなことを考えつつ帰宅した。 家といっても、たった二部屋しかないボロアパー …

no image

気が滅入ってしまう

私は仕事の時はいつも電車に乗っている。 今日も電車に乗っていると、突然目の前に女性が現れた。 ああ、またか。気が滅入ってしまう

暗い山道

月明かりも街灯も民家の灯りも無い山道。 急いで車を飛ばし家路へと急ぐ。 するといきなり人が飛び出してきた。 急ブレーキを踏み何とか衝突は避けた。 相手も無事な様だが、凄まじい形相で何か言っている。 何 …

no image

覗き

先日、地元の駅のトイレで覗きされてしまいました…orz きれいなトイレではないので、普段は行きたくないのですが、 その時は我慢出来ずに駆け込みました。 用を足し終えて立ち上がると、不意に背後から視線を …