中級

投稿日:

僕は、几帳面な母と痴呆症のじいちゃんと三人暮らしだ

明け方にじいちゃんの部屋に行ったら居なくなってたから

また夜中に外にでも散歩に行こうとしたのかと思って窓を開けたら

そこから転落したみたいで真下の庭に転がってた

僕はそのまま窓は開けておく事にしたよ

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

腹部の腫瘍

医学部時代の友人から連絡がきた。 「恋人の腹部に腫瘍ができてしまったんだ。すぐ手術すればいいのに嫌がって、やっと説得したんだがもう普通の病院では手遅れだ」 「それは気の毒だな」 「そこでお前に手術して …

誰かの寝息

その子にはお姉さんがいて、二人とも少し霊感があるらしい。 夜は同じ部屋で寝てたそうだ。  ある日、彼女は寝苦しくて、なかなか寝付けなかった。 そして、しばらくして変なことに気付いた。 二人が寝てる足元 …

no image

パズル

あるサイトで彼女と出会った。 そしてある日、初めてデートをした。 少し遅れたのか、彼女は怪訝そうな顔をしていた。 緊張していたのか無口な人で、あまり言葉を発さなかった。 目もあまり合わしてくれない。映 …

新しいもの好き

俺の彼女は新しいもの好き。 だからといって古いものを捨てられず、部屋の中はまるでゴミ屋敷のよう。 あ、そこにあるのは俺があげた指輪。 その隣にあるのは元カレにもらったと言っていた腕時計。 そこにある手 …

no image

スーパー赤ちゃん

ある日、平穏な家庭に赤ちゃんが一人産まれました。 その赤ちゃんは驚いたことに、産まれたばかりですぐに言葉を発したのです。 第一声は、 「おじいちゃん」でした。おじいちゃんはひどく喜び、涙を流したそうで …