中級

噂のトンネル

投稿日:

男は車を走らせていた。

道の途中で道に迷ったがどうやら抜け出せ、まぁまぁ分かる道まで出てきた。

そこは2つの道に別れており、右はかなりの遠回りの道、

左は近道となる一方通行の道だ。

だが道の途中に昔火事がおきて何人もの人が死に、

今では霊となってでてくると噂のトンネルがあるのだ

もう夜の1時。早く帰らないと妻が怒るので

仕方なく左のトンネルがある方へ車を走らせた。

左の道を進ませて数分後、例のトンネルを通るときがきた。

(怖いなぁ…早く通り抜けたい)

すこし速度を飛ばし、なんとか通り抜けることができた。

だがなぜか対向車の車がびっくりしたような顔でこちらを見てくるのだ。

何人も何台もこちらをみて驚いている。

男は少し怖くなったが街に出てきたところでコンビニに立ち寄った。

店の中で何のコーヒーを買うか悩んでいるとひとりの中年男性が声を掛けてきた。

中年男性

「さっき貴方の車とすれ違ったんですが何故貴方の車の上に

何人もの人がしがみついていたんですか?

私、それを聞きたくて引き返してきちゃいましたよ」

男はびっくりして、車の方へ急いで戻った。

車を見ると何百もの手形がびっしりと付いていた。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

最近まで知らなかった

「俺バカだから最近まで知らなかったけど、人間の頭部って、ボーリングの球ぐらいの重さなんだな。」  「ああ、俺もそれ最近知った。」   [amazonjs asin=”B01LTHLNOY& …

no image

嫁イビリ

俺の母親は嫁イビリが酷い。食事時に同席するのも嫌がる。 今日はいきなり部屋に入ってきて「掃除」と言い嫁を押し入れに閉じ込めようとした。 俺は腹が立ち「梓に何するんだ!」と母親に対して怒鳴る。 「梓って …

no image

飴を下さい

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、 青白い顔をして髪をボザボサに乱した若い女が 「飴を下さい」と一文銭を差し出した。 主人は怪しんだが、 女がいかにも悲しそうな小声で …

独身の先生

半年前、ウチの子の小学校の担任の先生から 「急ぎの大事なお話があります」って電話がかかってきたんです。 何かあったのかしらと思ってると「おちついて聞いて下さい」って言うのよ。 余計不安になっちゃったわ …

山奥のおじいさん

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。 その手紙が毎日届くようになっ …

PREV
NEXT
霊感