中級

噂のトンネル

投稿日:

男は車を走らせていた。

道の途中で道に迷ったがどうやら抜け出せ、まぁまぁ分かる道まで出てきた。

そこは2つの道に別れており、右はかなりの遠回りの道、

左は近道となる一方通行の道だ。

だが道の途中に昔火事がおきて何人もの人が死に、

今では霊となってでてくると噂のトンネルがあるのだ

もう夜の1時。早く帰らないと妻が怒るので

仕方なく左のトンネルがある方へ車を走らせた。

左の道を進ませて数分後、例のトンネルを通るときがきた。

(怖いなぁ…早く通り抜けたい)

すこし速度を飛ばし、なんとか通り抜けることができた。

だがなぜか対向車の車がびっくりしたような顔でこちらを見てくるのだ。

何人も何台もこちらをみて驚いている。

男は少し怖くなったが街に出てきたところでコンビニに立ち寄った。

店の中で何のコーヒーを買うか悩んでいるとひとりの中年男性が声を掛けてきた。

中年男性

「さっき貴方の車とすれ違ったんですが何故貴方の車の上に

何人もの人がしがみついていたんですか?

私、それを聞きたくて引き返してきちゃいましたよ」

男はびっくりして、車の方へ急いで戻った。

車を見ると何百もの手形がびっしりと付いていた。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

PCメール

姉にはもうすぐ5歳になる子供が居る。 先日、姉の家に寄ったとき、その子にPCメールの使い方を教えた。 後日、その子からのメールが届いた。本文に「6j5えおうえんww7.とd,」とだけ書かれていた。 な …

妊娠

ふと切ない気持ちになり、台所に向かった。 台所で、妻が食事の支度をしている。 ご飯はもう少し待って、という妻に、おなかに触っていいか、と尋ねた。 痩せて華奢な妻の体は、腹部だけが異様に張り出している。 …

僕は、几帳面な母と痴呆症のじいちゃんと三人暮らしだ 明け方にじいちゃんの部屋に行ったら居なくなってたから また夜中に外にでも散歩に行こうとしたのかと思って窓を開けたら そこから転落したみたいで真下の庭 …

no image

気配を感じる

「本当だってば!なんか視線というか気配というか…感じるんだって。」 「感じるってあんた霊感とかないんでしょ?」 「だからそういうのじゃないんだってばぁ。ほらっ。なんか感じない?人がいるような…。」 「 …

no image

年齢当て

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。 やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。 その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。 「す …

PREV
NEXT
霊感