中級

霊感

投稿日:

彼には霊感があった。

戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。

霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。

今日彼は仕事でとあるビルにいた。

彼の職業はただの会社員なのだが今日は出張いつもとは違うビルであった。

彼はそのビルに入ってすぐに確信した。

このビルでは過去に殺人事件が起きているな、と。

彼は少し憂鬱になった。

見慣れているとは言え正直霊なんて見て気持ちのいいもんじゃない。

さくさくと仕事をこなし部屋から出た。

見る前に帰ろう。

自然と早足になる。

彼は廊下を曲がってすぐ落胆した。

どうやら避けられはしないらしい…。

男の霊が目の前にいる。

霊は目を見開いて、ナイフをにぎってる。

口の周りは不自然に赤く、ナイフにはもちろん血糊。

今まででも最悪にショッキングな霊。

勘弁してほしいよな、と慣れた手つきで手で追い払おうとした。

…手が触れた。

目の前の男はナイフを振りあげた。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

僕の彼女はイタズラ好き

僕の彼女はイタズラ好き。 二人っきりなのに、いきなりちっちゃな両手で「だーれだっ!」なんてしてくる。 答えたら「良くできました」ってよしよししてくれるのは嬉しいけど、 それより早く手をどけてよ。 僕の …

山奥のおじいさん

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。 その手紙が毎日届くようになっ …

噂のトンネル

男は車を走らせていた。 道の途中で道に迷ったがどうやら抜け出せ、まぁまぁ分かる道まで出てきた。 そこは2つの道に別れており、右はかなりの遠回りの道、 左は近道となる一方通行の道だ。 だが道の途中に昔火 …

最近まで知らなかった

「俺バカだから最近まで知らなかったけど、人間の頭部って、ボーリングの球ぐらいの重さなんだな。」  「ああ、俺もそれ最近知った。」   [amazonjs asin=”B01LTHLNOY& …

井戸の死体

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた。 次の日見に行くと死体は消えていた。 5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた。 次の日見に行くと死体は消えていた。 1 …