中級

霊感

投稿日:

彼には霊感があった。

戦争や殺人のあったところに行くと、必ず見る。

霊なのだろうそいつらは大抵血走った目やうらめしそうな目をしてじとっとこっちを見ている。

今日彼は仕事でとあるビルにいた。

彼の職業はただの会社員なのだが今日は出張いつもとは違うビルであった。

彼はそのビルに入ってすぐに確信した。

このビルでは過去に殺人事件が起きているな、と。

彼は少し憂鬱になった。

見慣れているとは言え正直霊なんて見て気持ちのいいもんじゃない。

さくさくと仕事をこなし部屋から出た。

見る前に帰ろう。

自然と早足になる。

彼は廊下を曲がってすぐ落胆した。

どうやら避けられはしないらしい…。

男の霊が目の前にいる。

霊は目を見開いて、ナイフをにぎってる。

口の周りは不自然に赤く、ナイフにはもちろん血糊。

今まででも最悪にショッキングな霊。

勘弁してほしいよな、と慣れた手つきで手で追い払おうとした。

…手が触れた。

目の前の男はナイフを振りあげた。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

テープレコーダー

男が書斎で、銃で撃たれて死んでいるのが見つかった。 男は机に突っ伏しており、手には銃が握られていた。 机の上にはテープレコーダーがあった。 刑事が再生ボタンを押すと、 「私はもう生きていけない、私には …

土間の縁側の下

タクシー運転手の奥さんが、  まだ五才になったばかりの子を残して亡くなった。  父親は仕事ででかけている時間が長く、  そのあいだ隣の家に子どもを預けていたのだけれど、  深夜になっても帰ってこないの …

お姉ちゃん

オバケって本当にいるとおもいます。 小さいころ、わたしにはお姉ちゃんが見えていました。 同じきたない服をきて、いっしょに住んでいました。 でもある日お姉ちゃんは見えなくなりました。 パパと、ママが宝く …

no image

ウェイトレス

この前、友達がウェイターやってるレストランに、一人で晩飯食いに行ったんだ。 ウェイトレスに案内されてテーブル席に着くと、俺の前と、向かいの席にメニューを置いて行った。 何だ?と思っているうちに友達が水 …

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。 こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。 家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートしていく。 とても悲しかった。 「逃げられると思ったのか」 家 …