上級

古いカメラ

投稿日:

「やるよ」

そう言って親父が俺に渡したのは、古いカメラ

「これにはな、人の死に顔が写るんだよ」

「は?全然面白くねーよ」

親父は黙ったままだった

数ヵ月後、親父は死んだ

急性の心臓発作だった

それから数ヶ月経ち、カメラの話を怖いもの好きの彼女に話してみた

「そのカメラのはなし、本当なの?」

「撮ってみるか?」

「そうしよっか」

おい待て、冗談で言ったんだぞ

だが、後には引けない…

カシャ

「なんだよ、コレ」

俺の顔はいつもと変わらなかったが、彼女の顔が血塗れだった

「なんかイタズラしたんでしょ!?」

もちろんしていない

それに、写真を撮ろうと言ったのはそっちじゃないか

取り乱したまま、彼女は帰ってしまった

…俺が逆の立場だったら、そう思うと責める気にはなれない

数日後、彼女が交通事故で死んだ

聞いた話だが、顔は血塗れだったそうだ

「苦しかっただろうな」

写真を見せて以来、ずっと怯えていたらしい

あの写真を撮らなければもっと楽しく数日生きられたんじゃないか、と考えてしまう

俺は彼女の分も強く生きようと思った

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

サウナ

銭湯に行った。 あがる前にサウナで一汗かくのが俺の日課だ。 俺が入って1分くらいで、男が1人入って来た。 勝負だ。コイツが出るまで俺は出ない。 これも日課だ。 10分経過。相手の男は軽く100キロはあ …

着信音

この前、ホンモノの交通事故に遭遇しちゃったよー!!(泣) 地元の横断歩道で、そんなに大きくない道のわりには交通量の激しいトコ。前から事故 も多かったみたいで、同級生から悲惨な目撃談とかきいてた場所です …

留守電

6月の終わり頃、アパート暮らしの大学生が、腐乱死体の状態で発見されました。 兄の勝巳さんが呼ばれ、身元確認に続いて、留守電のメッセージが再生されました。 3月14日-母親から 思い出話、途中で切れる。 …

とある少女の願い

とある病室に一人の少女がいた その少女は、生まれつき病気をもっており、不治の病という この不治の病のせいで少女は、ずっと病室で過ごしてきたのだ そんな少女に一人のお星さまが現れたのだ そして、お星さま …

会話を再開して下さい。

最初の1人が退場させられると、円卓を囲んでいた彼の椅子もすぐさま片付けられ、4人になった僕たちの頭上からまた放送の声が流れる。 『会話を再開して下さい。』 「…いつまでこんなことやらせんだよ!?」 最 …