初級

投稿日:

今住んでる所は古い木造の1DKアパートだけど、

周りは静かな住宅地でコンビニ、駅も結構近くて

家賃もそれなりなので気に入っていた。

で、そろそろ引っ越してきて1年経つし、連休が取れたので

大掃除しようと思った。

まずは天井の埃を落として、電球を取り替えて・・・

そのとき、ポトリと何かが落ちた。

照明のかさ?の上になにかあったらしい。

畳の上には小さく小さく折りたたまれた紙切れが数十枚ちかく散らばっている。

広げて見ると全部「凶」のおみくじだった。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

山小屋の老婆

山で迷って、歩いている中、山小屋を見つけた。 実は行方不明になった子供たちを捜して山で迷ってしまったのだが・・。 小屋にはひとりの老婆が住んでおり「年なのでもう何年も小屋から出ていない」という。 老婆 …

小さな男の子

だいぶ前に何かで読んだ、小学校に上がる前の小さな男の子の話です。 その子が通っていた幼稚園で乗り物をテーマに絵を描くことがあり、 子供達はそれぞれ船とか飛行機とか車とか絵を描きました。 だいたい小さい …

靴屋さんに手紙

ある日の夕暮れ、一人の少女が通りを歩いていると、杖をついた盲目の男が声をかけてきた。 「この手紙を靴屋さんに届けてくれませんか?」 少女は困っている人を助けたいという思いから快く引き受けた。 男との別 …

明日はどこへ

昨日俺は山へ脚を運んだ 今日俺は海へ脚を運んだ 明日はどこへ運ぼうか 俺は頭を抱えた

足はいらんかね

ある日の放課後、 下校途中の男の子が奇妙な老婆が話しかけられた。 「足はいらんかねー、足はいらんかねー」 男の子は無視して通り過ぎようとするが、 老婆は思ったよりもしつこく 「足はいらんか〜足はいらん …