中級

誰かの寝息

投稿日:

その子にはお姉さんがいて、二人とも少し霊感があるらしい。

夜は同じ部屋で寝てたそうだ。 

ある日、彼女は寝苦しくて、なかなか寝付けなかった。

そして、しばらくして変なことに気付いた。

二人が寝てる足元(布団で寝てた)から、 別の誰かの寝息が聞こえる。

恐くなった彼女はお姉さんを起そうと声をかけた。

「ねぇ、お姉ちゃん・・・」 

するとお姉さんも寝ていなかったらしくて 

「しっ!言わないで。私にも聞こえてる・・・」  

[amazonjs asin=”B016U50116″ locale=”JP” title=”ささやきと癒しと寝息も安眠できるかも?ボイスアプリ「琥珀序」”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

呪いの真書

呪い真書を手に入れた。冒頭にこう書いてある。 「これに書かれてある手順を実行すると呪いが成就するが、 手順を間違えるとその呪いは自分に返ってきます。あなたはそれでも実行しますか?」 勿論だ。俺には許せ …

都市伝説

「すいません、○○温泉まで」 「…お客さん、そこ数年前から営業してませんが…」 「いいんです、お願いします」 Aはそう言ってタクシーに乗り込んだ。 そして道中、運転手にその場所に向かう理由を話すことに …

no image

ノックの音

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな?と思い声をかけたが返事がない。も …

井戸の死体

ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた。 次の日見に行くと死体は消えていた。 5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた。 次の日見に行くと死体は消えていた。 1 …

逃げられると思ったのか

勉強もできず、人とのコミュニケーションも下手。 こんな僕は、誰にも必要とされていないんだろう。 家では父のサンドバッグ。暴力はエスカレートしていく。 とても悲しかった。 「逃げられると思ったのか」 家 …