中級

誰かの寝息

投稿日:

その子にはお姉さんがいて、二人とも少し霊感があるらしい。

夜は同じ部屋で寝てたそうだ。 

ある日、彼女は寝苦しくて、なかなか寝付けなかった。

そして、しばらくして変なことに気付いた。

二人が寝てる足元(布団で寝てた)から、 別の誰かの寝息が聞こえる。

恐くなった彼女はお姉さんを起そうと声をかけた。

「ねぇ、お姉ちゃん・・・」 

するとお姉さんも寝ていなかったらしくて 

「しっ!言わないで。私にも聞こえてる・・・」  

[amazonjs asin=”B016U50116″ locale=”JP” title=”ささやきと癒しと寝息も安眠できるかも?ボイスアプリ「琥珀序」”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

最高の能力

ある日T氏は、神様から念じることによって、念じたことが実現する能力を得た。 T氏のあまりにも平凡な人生に神様が恵んだ最高の能力であった。 夢を見てこの事を知ったT氏であるが、 当然ながらT氏は信じなか …

2つの着信音

ある休日俺は友人2人とドライブに行った 友人Aが車を運転しながら 「こうして3人で集まるのは久しぶりだな」 助手席で俺は携帯をいじりながら 「そうだな、今日は楽しもうぜ」 後部座席で友人Cが携帯を片手 …

耐え続けた

それは広大な大地に、しっかりと根を下ろして大きく茂っていた。 ある日、化学物質が混じった雨が降り注いだ。 だが、それは雨の間ずっと耐え忍んだ。 雨は大地を流れ去っていった。 暫くして、熱く乾燥した暴風 …

山奥のおじいさん

人嫌いになって、1人遠く離れた車も通らないような山奥で暮らすようになったおじいさん そんなおじいさんの心を解きほぐそうと、孫のジェシーは毎日毎日おじいさんに手紙をだした。 その手紙が毎日届くようになっ …

新しいもの好き

俺の彼女は新しいもの好き。 だからといって古いものを捨てられず、部屋の中はまるでゴミ屋敷のよう。 あ、そこにあるのは俺があげた指輪。 その隣にあるのは元カレにもらったと言っていた腕時計。 そこにある手 …