中級

雪山で遭難

投稿日:

雪山で遭難したあるグループの話

A「だから俺は反対したんだ!」

B「今更そんなコト言ってもしかたないだろう!」

D「うるせーぞ!」

E「落ち着け、喧嘩しても腹が減るだけだ」

F「また食料も尽きかけてるんだ・・・焦るのも分かるが」

G「ガクガクブルブル・・・」  

[amazonjs asin=”B07111T1K5″ locale=”JP” title=”第2話 罪の告白・・・十年前に起こった雪山の悲劇”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

黒い手

ある男が黒い手に命を狙われていた。 空中に手だけが浮かんでいて、焦げたように真っ黒な手。 初めてその手に襲われたのは小学校の頃で、それから何度も黒い手は現れた。 いつも自分はなんとか回避することができ …

妊娠

ふと切ない気持ちになり、台所に向かった。 台所で、妻が食事の支度をしている。 ご飯はもう少し待って、という妻に、おなかに触っていいか、と尋ねた。 痩せて華奢な妻の体は、腹部だけが異様に張り出している。 …

no image

腐れ縁

俺は腐れ縁で付き合っていたカノジョを殺すことにした。 高校生時代から、永年連れ添ってきた女なんだが最近結婚しろとかウザいからな。 でも、最近の警察は優秀だから、下手に証拠とか残すと捕まりそうだ。 やっ …

no image

ノックの音

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。 ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。 案の定夜にドアをノックする音がする。 ホテルの人かな?と思い声をかけたが返事がない。も …

カプセル

俺は東京、恵美子は地元の大学へ進む事になった。 付き合った2年間で、一番思い出深いものをカプセルに入れ、 校舎裏にある一番大きな松の木の下に埋めた。 俺たちが今後結婚することになった時だけ一緒に掘り起 …