中級

車の中で目覚めた

投稿日:

朝、車の中で目覚めた。

昨夜は重労働だったもんだから

ついつい車を路上に停めて寝こんでしまったのだった。

あくびしながら後部座席から身を起こすと、

両耳から聞こえてくるどよめきとざわめき。

眠い目をこすりつつ窓外を見るとそこには、

車を取り囲み俺を物珍しげに観察する人だかり。 

なんだなんだ?車の中で寝ちゃいけないのか? 

俺の寝るさまがそんなに珍しいのか? 

怒鳴りつけてやろうと体勢を整えようとすると何やら、

ビニールずれの音。 

衣ずれ、ならぬ、ビニールずれの音。 

見ると俺の体は青いビニールシートにすっぽり包み込まれている。 

思い出した。 

昨夜重労働で汗をかいたまま寝ようとしたところ 寝冷えそうだったので防寒しようとした。 

しかしあいにくカーエアコンの調子は悪く、手近に毛布もなかった。 

そこで重労働に用いた青いビニールシートに身を包んで眠りについたのだった。 

見た目とは裏腹に意外なぐらい保温性があるものだから寝入ってしまった。 

それこそ死んだように寝入ってしまった。 

そんな、『ビニールシートに包まれて死んだように身動きしない俺』を見て

『死体』と勘違いしたあわて者が騒ぎだして人を呼び、人が人呼び、 結果、この人だかりができたのだろう。 

身動きした俺を見てどうやら勘違いだったと悟ったらしく、 

ほっと胸をなでおろして苦笑しつつ三々五々散ってゆく人だかり。

あぶなかった。 

もう少し目覚めるのが遅ければ きっと警察沙汰のてんやわんやの大騒ぎになっていただろう。  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …

ネットカフェ

「ありがとうございました~。あ~最後の客帰った。暇だぞコラー。客居なくて淋しいwwww」 俺は、とある田舎でネットカフェ店員をしている。 ネットカフェといえば、個室ブースがあったり24時間営業だったり …

no image

嫁イビリ

俺の母親は嫁イビリが酷い。食事時に同席するのも嫌がる。 今日はいきなり部屋に入ってきて「掃除」と言い嫁を押し入れに閉じ込めようとした。 俺は腹が立ち「梓に何するんだ!」と母親に対して怒鳴る。 「梓って …

no image

応援

親友に彼女を奪われた。ビルの屋上で花火観賞をしていた。 「あいつを奪うみたいになって悪かったな」 『しょーがない』 「怒ってないのか?」 『別に。あいつがお前を選んだだけ』 「なら良かった」 『あいつ …

最高の能力

ある日T氏は、神様から念じることによって、念じたことが実現する能力を得た。 T氏のあまりにも平凡な人生に神様が恵んだ最高の能力であった。 夢を見てこの事を知ったT氏であるが、 当然ながらT氏は信じなか …