水曜日

楽しかった水ようびも消されてしまい手のなかにはない

愛されたいという願いは害でしかなく

恋を論じるには冷めているから例のところで確かめよう

繋げた銀いろは儚くて

忘れてしまった旅は幸せだったんだね

0

人気のレストラン

最近ブログで人気のレストランがTVでも雑誌でも大々的に紹介されているので

友人と共に行くことにした。

「ディナーコースがお薦めなんですって!」友人はハイテンションだ。

ところが検問を行っている・・・。

「何かあったんですか?」

「近くで殺人事件があっていまだに犯人が逃走中なんです」

おっかない・・・・。しかし私達は何もしていないので大丈夫!

ようやくレストランに着いた。ところが・・・。

「申し訳ありません、当店は5時で閉店ですので」

ウェイターが申し訳なさそうに頭を下げてきた、検問で時間を食ったのが悪かったか・・。

まぁ、仕方ないよね・・・・。

0

新聞にも載らない話

新聞にも載らなかった話。

とあるマンション(市内では自殺の名所で知られてる。)

で女性の死体が見つかりました。

仰向けに寝かされた状態で 年齢は20〜30後半くらい。

革のミニスカ−トにストレッチブ−ツ。

上は何故か、分厚い灰色か黒のセ−タ−の上に 鮮やかな朱色の薄手のカ−ディガンを着ており ストッキングを履いていたそうです。

ブ−ツの片方が脱げかけの様な中途半端な状態で 死後数時間というところだったそうです。

第一発見者が救急車を先に呼んでしまったために 遺体が搬送されてしまったので警察を呼んだときにはもう既に遅しでした。

遺体の状況を、警察は発見者の方達から聞くしか術がなく 警察も、「ここは自殺が多いから自殺者でしょう。」と一言。

しかし、周りには多くの木が植えてあり 自殺である場合、その木々らが必ず折れたりしますし、

遺体を見た感じでは、外傷がなく、あまりにも綺麗すぎて 周りに血が飛び散った跡も無く、

住人や発見者の目から見ても 「自殺者」では無い事は明らかだったそうです。

後日、新聞などチェックしましたが まったく報道されずでした。

現在も報道されずです。

後日、警察から聞いた話では 「外傷がないのに、全身の骨がすべて折れている状態。」とだけ 聞きました。

被害者の女性がマンションで見つかった時刻は 朝の11時過ぎ。

しかし、朝10時からこの遺体発見までの間 目撃者はなく、発見される10分前にいたっても 幾人かは「死体は無かった。」と証言しています。

問題は、このよく分からない事件が、 警察で止まってしまっている事です。

報道されれば、少しは身元の情報も得られるかもしれないのに。

自殺も迷惑ですが、遺体遺棄はもっと迷惑ですし 被害者の方も浮かばれません。

怖いのは、こういう運命にある事件も有るということかな。

0

心を読む薬

私は学者である。

現在朝の4時、私は叫ばずにはいられなかった。

毎日毎日研究を重ねやっと作り上げた。

相手の心を読むことのできる薬を。

今までいくつも発明してきたが中でもこれはとても素晴らしい出来だ。

ちょうどそこに隣に住む友人が訪ねてきた。

「やっと完成したんだ!!」

私は言う。

「そんな嬉しそうな顔してどうしたんだ?」

「実は相手の目を見るだけで相手の心がわかってしまう薬が出来たんだ!!!一粒使えば1時間,きっかり1時間相手の心を読むことができるんだ!!」

「わかった。まず落ち着け。それはすばらしいな。」

「では使ってみることにしよう!!!」

「どうだ?私の心がわかるか?」

「手に取るようにわかる!君は私の研究を信じていないね?むしろ私に怒りさえ覚えている。」

「そうだ。悪いがもう君には付き合いきれない。あまりに馬鹿馬鹿しいすぎる。毎日のように朝まで君の独り言を聞いていると頭がおかしくなる。しかるべき所へ通報して君には施設へ行ってもらうからな。」

「ちなみに昨日の夕飯は?」

「………」

「そうかわかったぞ。わかったぞ。」

「馬鹿らしい。」

と言うと友人は帰ってしまった。

次の日、学者は家から姿を消した。

「別に信じたわけではない。」

と友人は夕飯を作りながら独り言を呟く。

0

小さい頃の話

小さい頃の話

日曜の昼、両親が出かけるから留守番してろと言って出て行った

しかし近所の山にカブト虫を取りに行きたい俺は言いつけを無視して山へ

そこは薄暗くて奥の方ではよく首吊りがあるいわゆる名所なんだけど、カブトや

クワガタがよく取れる場所としても有名で、子供で怖がる奴なんかいない場所だった

急いで行ってカブト虫を取って戻れば両親が帰る前に間に合う、と思った俺は

脇目もふらずに自転車で全力疾走、山へ近づいてくるとテンションが上がってきて

角から出てきた車に気がつくのに遅れ、避けようとして派手にこけてしまった

擦りむいて痛かったがとくにひどい怪我はしていない

車も急ブレーキをかけて止まり、中から「大丈夫か!」と人が降りてきたんだが

見るとなんと両親、自分の親の車に轢かれる、というところだったのだ

親は忘れ物を取りに戻る途中だったらしい

「轢いちゃってたらシャレになんないよ、お前には生きて欲しいんだから」

と親は泣き、出かける予定はやめにしてみんなで家に帰った

0

息子が殺された

もう俺の息子が死んでから…いや殺されてから3年になる。

包丁でめった刺しにされた息子の死体が発見されたが、発見当初は犯人が誰なのか分からず警察は苦戦していた。

しかし発見から2週間後、隣に住む一人暮らしの男が逮捕された。

その男の家の庭から息子の血が付いた包丁が発見されたみたいだ。

「やっとか・・・」

警察は何やってんだと苛立っていた俺は男の逮捕に安堵の溜息をついた。

男は事件の冷酷さと惨忍さから死刑を宣告された。

しかし当然ながらこんな事で死んだ息子が報われる訳はないのである。

もし今俺が一つだけ願いが叶えられるなら、間違いなくこの犯人を生き返すだろう。

ん?なんでかって?

俺の息子が味わった痛みと同じ苦しみを与えて、この手であいつを殺してやるためさ。

0

素敵なサービス

今日は楽しかったわ。

今まであまり楽しい事はなかった私。

けど偶然見つけた中華料理店に入ったら注文を取りに来たおばちゃんがこう言うのよ。

『地域応援の限定のサービスがあるのよ。』

聞けばこの店から徒歩で20分以内に住んでるお客さんには普段の半額以下で食事ができると。

さらに一人暮らしで頑張ってる人には素敵なサービスがあると言う。

私にぴったりのこんなチャンス逃す手はない。

全て正直に告げ、身分証明書も確認してもらいいざ注文、

中華丼と餃子を頼むことしばし

注文した物の他に春巻と鳥の唐揚げが運ばれてきた。

驚いている私におばちゃんは。

『サービスよ、他に客もいないしゆっくり食べればいいよ。』

と優しく言ってくれた。

料理はどれもおいしく自分でも驚くほど早く食べ終わってしまった。

サービスに甘えて長居は無用と席を立とうとするとおばちゃんが慌てたような驚いたような顔で

『あれまあもう食べちゃったのかい。ちょっとこれでも飲んで待っててね、今お土産を作らせるからね』

と、お酒の用意をしてくれた。

しかもお土産ができるまでおばちゃんが酒の相手をしてくれ私の愚痴や悩みを優しく聞いてくれた。

いつの間にか涙を滲ませながら私は時間も忘れおばちゃんに話しを聞いて貰っていた。

気が付くともう閉店時間は過ぎていたのか厨房には誰もいなく、お土産はとっくに出来ていた様子。

好意に甘え過ぎた非礼を詫び、今度こそ席を立ち破格の会計を済まし、

こんなに楽しかったのは久しぶりだった旨とお礼を述べると

『実は今日で店仕舞いなの。最後の最後にこんな嬉し事があるとはこちらこそありがとう。』

と、おばちゃんは本当に嬉しそうに言ってくれた。

そう、今日は本当に楽しかった。

鍵のかかっていない玄関のドアを開けるまでは。

0

勝負

私はあるヤクザと勝負している。

3本の柱A,B,Cがあり、柱Aにある64枚の円盤(上から下で順に大きい)を1枚ずつ柱Bを中継点にして柱Cに移動させる。ただし、どの柱でも上の円盤の方が小さくなければならない。

ヤクザ「このゲームを24時間以内にクリア出来れば、1000万やろう。但し失敗した場合は解体ショーのゲストになって貰う」

こんな簡単なゲームで1000万は、美味しいよな(笑)

0

女が私の髪を掴んでいる

女が私の髪を掴んでいる。

わたしの肌の皮を刃物で取り除く。

痛い、痛い、やめて

女の手は止まらない。

私の皮をすっかり剥いだ。

そして私の体をバラバラに切る。

私の顔を尖った刃物がいっぱいついた。

ものにこすりつけた。

痛いよ、痛い、助けて

でも助けてくれない。

粉々になった私の顔を白い柔らかい物の上に

のせて食べた

0