初級

電池交換

投稿日:

まだ小学校に上がる前の、ムシキング好きの男の子がいた。

ある日、その子が大切に育てていたカブトムシが死んでしまった。

男の子は動かなくなったカブトムシをじっと見ていたが、おもむろにカブトムシのお腹を引き裂いた。

「何をやっているのっ!?」

息子の異様な行動に母親が鬼の形相で怒鳴る。

「動かなくなったから電池を換えようとしたんだ。」

母親は悲しい顔をして、もう死んでいるのだと言い聞かせた。

すると息子は不思議そうな顔で母親を眺めて言った。

「だってママはパパが動かなくなったときにお腹を切ってたでしょ?」

次の日母親は、警察に息子の捜索願いを出した。

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

空き巣

今日仕事から帰ってきた窓がブチ破られていた 空き巣か?と思いながら部屋を見渡すが、荒らされた形跡はない 通帳類も無事だし、この部屋で一番高価なノートパソコンすら盗られていない とりあえず警察を呼んで調 …

潔癖症

潔癖症の男がいた。 ある日男は椅子の上に立ち、上から部屋を見渡していた。 普段見えない場所にかなり埃がが溜まっていた。 冷蔵庫の上 蛍光灯の傘の上 「今は掃除しなくていいか」 そう言って男は椅子から降 …

お母さん、みっけ

AVレンタルしようとAVコーナーに入って物色してたら、小さな4歳ぐらいの男の子が一人で入ってきた。 どうやらお母さんを探してるらしく、何度も「お母さ〜ん、どこ〜?」と言っていた。 『いやいや、お母さん …

救いの薬草

母親と二人暮らしの少年がいました。 ある日母親が病気で倒れてしまいました。 少年は一生懸命看病しました。 医者はもって1年だろうと言いました。 少年は母親を助けたくて色々な人に話を訊きました。 とある …

村の掟

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました …

PREV
渋滞
NEXT
妊娠