上級

ゴミ屋敷

投稿日:

ゴミ屋敷ってあちこちにあるよね?実は俺も、ゴミ屋敷の住人の一人だったんだ。

俺の場合きっかけは、ひとつの粗大ゴミ。その上に、集めてきたゴミをどんどん積み上げていったんだ

周囲の人が不審に思い騒ぎ出したのが、集め始めて2ヶ月ぐらいかな?その頃には、もう部屋はゴミで埋まってた。

そのうち猛烈な悪臭を放ちだした。当然誰も近寄ってすらこない。

町内会から時々苦情言いに来るけ、ど外で怒鳴ってるだけ。

そうすると今度は、TVのレポーターがやって来たりする。

近所の奴は取材に応えて、好き勝手言いやがる。

やれ借金まみれで自暴自棄になってるだの、奥さんに逃げられてからおかしくなっただの・・・

誰も俺の気持ちなんかわからないくせに。

騒ぎが大きくなって全国に注目されてきたころ、一つの事件がおきる。そう、俺の家が火事になる

俺は外出してるから無事なんだけど、家はもう跡形もなく燃えてしまう。

ゴミが腐敗して自然発火とか、放火されたとかいわれるけど、まともに現場検証すらしてもらえない。

まあ俺は嫌われ者で、ゴミだらけだったんだからしょうがないし・・・むしろ都合がいい

ゴミ屋敷が燃えたことをきっかけに俺は他所へ行って、小さなアパートでも借りて普通に暮らしていく。

第二の人生っていうのかな?

もちろん、もうゴミなんか集める気もないし必要も無い。

-上級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

不思議な能力

ニューヨークの地下鉄を私はよく利用する。 毎朝通勤の度に地下鉄構内で何やらぶつぶつ言ってる一人のホームレスの男がいた。 男の近くの壁に寄り掛かり内容を盗み聞きした。 目の前をおばさんが通る。すると男は …

襖に開けた穴

子供の時、襖に開けた穴に、 嫌いなヤツの悪口や呪いの言葉を書いて隠すという くだらない一人遊びをしていたことがある 高校の時に父が死んで母は旅館に住み込みで働くことになり、 私は家で一人暮らしすること …

みんな寝たまま

ある村で少女が言った。 「大変、みんな寝たままなの。」 確かに周囲の民家を調べてみると、村人全員まだ昼間だというのに寝ていた。 老若男女村人全員が寝ているのだ。不思議に思った私は少女に尋ねた。 「何で …

背の小さいばあちゃん

俺が去年某洋楽バンドのライブに行った時の帰りの話。 俺と友達二人(仮にA・Bとする)の計三人で行って、 ライブ終了後、テンション最高潮で帰ってたんだよ。 そしたらAが後ろから誰かに肩を叩かれたんだ。 …

死ねばいいのに(相手を殺す能力)

誰にでも「あの野郎、死ねばいいのに」と思うことはあると思う。 だけど、それが現実になってしまったら・・・。 幼稚園の時、喧嘩した男の子が翌日死んでしまったことはあったけど、ただの偶然だと思っていた。 …