中級

優しいお医者さん

投稿日:

脳死が確認されて二週間を経過した兄の皮膚細胞は、無数のチューブに繋がれ、人工呼吸器と点滴によって生き続けていました。

しかしそれも、昨日までの話です。今日、兄は死んでしまったのです。

「すみません。手は尽くしたのですが…」

お医者さんはとても悲しそうな顔でそう告げた。

兄の亡きがらを抱いた時、ガリガリに痩せていたのかとても軽くて、苦しんだと思います。

でも、もう苦しまなくていいんだよ?楽になれたね。

「………治療費は結構ですよ」

決して裕福とは言えない私の状況を察してか、なんて優しいお医者さんなのでしょう。

私はすぐに泣いてしまいました。

「……遺体を見るのは辛いでしょうね」

お医者さんが兄の遺体にシーツを被せる。

「……思い出はお兄さんと共に焼いて忘れなさいね」

この一言で私は立ち直れました。

ありがとうございます。とても素敵なお医者様。
[amazonjs asin=”4776207648″ locale=”JP” title=”医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法”]

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

夫と妻、二人暮らしの夫婦がいた。 夫は1ヶ月くらい前から毎日毎日、 夢かどうかもわからない、毎日同じ、おかしな夢ばかり見ると言う。 “真夜中、ふと目が覚める。 すると天井に自分と全く同じ姿の人間がしが …

no image

さっき部屋の障子開けっぱなしで一階に飲み物取りに行った。 洗面所の前を通るのが最短ルートで鏡に何か写った気がしたのね。 ちょっと鏡をマジマジと見つめてたけどさやっぱり勘違いだったみたい。 んで台所行っ …

心霊写真

俺の誕生日に、ホームパーティを開いたわけ。 その時、家の中で皆の写真をとってみたら、変なものが映っちゃったのよ。 背後の押入れから見知らぬ真っ白い顔して真っ赤な目の女が顔を出して、こっち睨みつけてんの …

兄が殺したのはひとりだけ

兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。 すぐに兄は逮捕され、死刑となった。 妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。 父も母も失い、記憶もない。 空っぽな心で無気力なまま生きていた妹 …

no image

飴を下さい

ある夜、店じまいした飴屋の雨戸をたたく音がするので主人が出てみると、 青白い顔をして髪をボザボサに乱した若い女が 「飴を下さい」と一文銭を差し出した。 主人は怪しんだが、 女がいかにも悲しそうな小声で …