中級

万年床に

投稿日:

友人が引越ししたと言うので酒を片手に遊びに行った

適度に酔いも回り時間も遅いので、帰るのが面倒になって万年床にゴロリ

「あー、そっち足な」と友人

「北枕か?」と聞きながらゴソゴソと反転

「いや、北はあっち」明後日の方向を指差す

「カーテンの丈が少し足りなくてさ」

頭だけを上げて足側に垂れ下がるカーテンを確認。うん、微妙に短い

「せめてwwじゃなくてーーなら目が合わずに済んだのになぁ」

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

俺の子?

ある亭主が友人に愚痴をこぼした。 「俺の息子、どう見ても父親に似ていない気がするんだ」 友人は答えた。 「とんでもない。あの子は父親そっくりだってご近所中評判だぜ」 [amazonjs asin=&# …

砂漠の旅

ある青年が、らくだと共に砂漠を旅していました。 しかし思った以上に長く続く砂漠に、若い青年の性欲は耐える事が出来ませんでした。 そこで青年は思い付きました。 「そうだ!らくだとやろう!」 青年はらくだ …

ドナーカード

医者「臓器適合者が見つかりましたよ」 患者「本当ですか!?これで助かるんですね」 医者「あと数ヶ月遅かったら手遅れになる所でした。 ところでドナーカードはお持ちですか?」

妊娠

ふと切ない気持ちになり、台所に向かった。 台所で、妻が食事の支度をしている。 ご飯はもう少し待って、という妻に、おなかに触っていいか、と尋ねた。 痩せて華奢な妻の体は、腹部だけが異様に張り出している。 …

にーちゃん

私は未だにどこか呆然としていた。太郎が、あんなに大事に育ててきた太郎が、突然 死んでしまい心に穴が空いたかのようだった。 にーちゃんにーちゃんと慕っていた次郎も まだ兄の死を受け入れられておらず、にー …