中級

長い夢

投稿日:

長い夢を見ていた。

目が覚めると、そこには白い天井。白い壁。カーテン。規則的に鳴り響く機械音。

眩しい。視界が白く霞む。

「・・!!目を覚ましたのね!」

『・・こ・・ごどごで・・ずか・・』

変な感じに声が掠れる。自分の声じゃないみたいだ。

「・・落ち着いて、聞いてね。ここは病院よ。あなたは交通事故に遭って、意識不明だったの」

『おれ・・はどうな・・ています・・か』

「・・・。すぐ、先生を呼ぶから。待ってて」

『は・・い・・』

ここの看護師だろうか。声の調子からすると俺より年配だろう。四十代半ばといったところか。

どことなく見覚えがある。きっと、眠っている間俺の世話をしてくれていたのだろう。

妻は?娘はどうなった?記憶が欠如している。

俺が覚えているのは、娘が小学校の卒業式で見せた笑顔。妻が涙ぐんで微笑んでいた顔。

それから・・

・・・。頭が回らない。考えるのは後だ。少し休もう。

俺は体が欲するままに、再び意識を手放した。

一時間ほど眠っただろうか。目を覚ますと、傍らに先ほどの年配女性。

その隣に見覚えのある少女が座っていた。

相変わらず視界が白くぼやけてよく見えないものの、俺にはすぐに分かった。

『ご・・め゛・・んな゛』

精一杯搾り出してもしわがれた声しか出なかったが、

彼女はそれでも、俺の手をぎゅっと握りしめてくれた。

多感な時期に父親が意識不明だったのだ。辛い思いをさせたのだろう。寂しげな表情をしている。

背が伸びて、顔立ちも何だか変わったようだ。

俺は、また現実に戻ってこれたことを神様に感謝した。

その時、奥の入口から俺と同じようにしわがれた声が響いた。

「お帰りなさい、あなた!」

ああ、神様・・・

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

初めてのお引越し

生まれて初めてのお引越し だけど通う学校も学校までの距離も今までと全く同じ 変わったといえば出席番号ぐらい

噂のトンネル

男は車を走らせていた。 道の途中で道に迷ったがどうやら抜け出せ、まぁまぁ分かる道まで出てきた。 そこは2つの道に別れており、右はかなりの遠回りの道、 左は近道となる一方通行の道だ。 だが道の途中に昔火 …

no image

雑居ビルのエレベーター

運送会社の配達員をしていた頃の話。いつも通り昼間の配達に回っていた。 それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう 古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。 真夏だったし割と上階へ登らな …

パチンコ玉

とてもうるさい店だったので、その男は耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めた。 ところがあまりぎゅうぎゅう耳の奥に詰め込んだので、抜けなくなった。 耳掻きで取りだそうにも、耳掻きを入れる隙間もない。 そ …

カプセル

俺は東京、恵美子は地元の大学へ進む事になった。 付き合った2年間で、一番思い出深いものをカプセルに入れ、 校舎裏にある一番大きな松の木の下に埋めた。 俺たちが今後結婚することになった時だけ一緒に掘り起 …