中級

人妻になった元カノ

投稿日:

彼女とショッピングで街を歩いていたら

前から小さな女の子の手を引いた女性が歩いてきた

近づいてきてそれが誰だか気づいた・・・

俺が3年前まで付き合ってた女だ、

そして今思えば酷い振り方をして別れた

元カノは俺にニッコリ微笑んで会釈してきたので 彼女が「誰?」と怪訝そうな顔をする

俺は咄嗟に
「前ウチの会社にいた○○さんだよ、いやあ久しぶりだねえ」
と言った(これは嘘じゃない)

彼女は
「そうなんですか、こんにちは」
と言って気を利かせたのか

「ちょっとあそこの洋服見てくるね」
と言ってその場を離れた

俺「やあ・・・久しぶりだね、結婚したんだ・・・」

元カノ「ええ、貴方に振られちゃったから、一年前にね・・・こんな私でも良いって言ってくれる人がいたのよ」

俺「こんな私なんて言うなよ・・・君は充分魅力的だし・・・俺が未熟だっただけで」

元カノ「もうそんなこと言わないで、でもこんな私が結婚出来るなんて本当に思っていなかったのよ」

俺「そう?あ、いや・・・ゴメン、子供の前でこんな話しちゃって」

元カノ「いいのよ、でも可愛いでしょ?だから私とーっても幸せなの」

俺「ああ、そうだね、今の君は本当に幸せそうだ・・・安心したよ」

元カノ「本当にそう思う?」

元カノ(今は人妻だけど)はそういうとフフフと微笑んで
小さな声で「じゃまたね」と言って去って行った

彼女が戻ってきて 「綺麗な人ね・・・ひょっとして昔好きだったとか?」

と言って俺を試す様な目で見た

「何馬鹿なこと言ってんの」 俺は努めて冷静にそう言って彼女の手を握った  

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

透視

ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった 母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない 警察も半 …

斑点

俺がまだ中学生だった時、体がいつも痣だらけだから『斑点』ってあだ名で呼ばれてる女の子がいた。 『斑点』のお父さんが普段から暴力的らしく、クラスメイトがよく『斑点』と彼女のお母さんが二人で泣いているのを …

隣の角部屋

俺はアパート暮らしで、  隣の角部屋には同級生の女友達が住んでいる  そいつが今日突然、  「何か視線を感じる、気味が悪い」  とか何とか言って俺の部屋に泊まりたいとか言ってきた。  俺は仕方なく彼女 …

不思議な箱

俺は、人の余命が少し分かるという、不思議な箱を持っている。 と言っても、そんなにすごいものではない。 路地で怪しい商品を販売している男から、面白半分で買ったものだ。 見た目は小さな木箱で、蓋を開けると …

no image

腐れ縁

俺は腐れ縁で付き合っていたカノジョを殺すことにした。 高校生時代から、永年連れ添ってきた女なんだが最近結婚しろとかウザいからな。 でも、最近の警察は優秀だから、下手に証拠とか残すと捕まりそうだ。 やっ …