録音

俺が厨房の頃の話。

仲のいい5人組みたいな感じの中に二人霊感のあるヤツが居たんだ。

一人はなんとなく分かる子、もう一人は霊の性別とか見た目まで分かる子。

で、放課後そういう話をしていたんだが、誰かが

「降霊やってみようよ!!」

とか言い出した。

みんな興味津々でやろうってなったけど、

降霊なんか誰もやり方をしらなかった。

そんなか霊感のある子を中心に輪になって

よくわからんがそれっぽい事を延々とやっていた。

結局、何も起こらなかったんだが、

俺、そのときカセットテープのレコーダー持ってて、録音してたんだよ。

でも場所が悪かったのか音声が全く入ってなかったんだ。

話し声とか物音とか何もね。

でも一つあることに気づいた。

周りの音が無いって言っても、録音してると小さい「サー」みたいな、

砂嵐みたいな音が入るやん?

でもそれには何もはいってなかったんだよね。

60分いっぱいとったけど本当に確かに動いてたはずなのに何も入ってなかった。

で、たまたまだろう~ってなって、帰宅した。

数日後俺は録音したいラジオがあってその何も入っていないテープに録音した。

そのテープにはそのラジオ番組しか入っていないはずなのに、

ラジオの入っていた10分後くらいにかすかに笑い声が入っていた・・・

学校で聞いたときは何も入っていなかったし、

ラジオ録音以外に入れてないし、そのときの5人組の声でもなかった・・・

自殺を試みた女の子

俺は、結構霊感がある方だと思う。 

というか、幽霊がはっきり見えちゃうし話も出来ちゃうんだよね。 

ある日、俺は道ばたを歩いていたら、 

首にロープを巻いた女の子が寂しそうにこちらを見つめているのに気がついた。 

明らかに生身の人間じゃなくて、でも死霊でもない。 

俺は、その娘に話しかけてみた。 

「君、生霊だよね。駄目じゃない、身体から離れたりしたら。」 

「うわあ、お兄ちゃん、私が見えるの!?」 

久々の会話で、女の子は嬉しそうだった。 

どうやら、彼女はずっとこの付近を彷徨っていたらしい。 

肉体から離れて随分経ってるみたいだ。 

今まで俺が見てきた生霊の中でも、この娘はかなり死霊に近い。 

早く肉体に戻らないと生命に関わるだろう。 

女の子は、しかし悲しそうに自分の首のロープを持ち上げて、答えた。 

「ううん、戻れないの。私、首吊って自殺して……もう肉体は手遅れなんだって。」 

「う〜ん、参ったな。悪いけど、じゃあ僕にはどうしようもないよ。そのうち君の肉体が死んで死霊になると思うから、その時はちゃんと成仏して、生まれ変わったら絶対に自殺しちゃ駄目だよ。」 

「無理だよ。」 

女の子は、自分の首に巻かれたロープを見つめて、呟いた。 

「だって、私天国いけないもん。自殺、しちゃったから……。嫌だよ。私、地獄に行きたくないよ。助けて……。」 

女の子の目から涙が溢れてきた。 

堰を切ったように泣き出した。 

参ったなあ。 

俺、女の子の涙には弱いんだよ。 

何とかして、彼女を助けてあげたくなった。 

「うわ、泣くなって。大丈夫。まだ君は死んでないんだろ?じゃあ手はある。

君を地獄になんか落とさせやしないから!!」 

俺の言葉で、彼女は潤んだ眼で俺を見上げる。 

まずいな、約束しちゃったよ。 

「君の身体が、放っておいても死んでしまう状態なのは確実なんだね?」 

女の子は頷いた。もうヤケだ。 

とことんこの娘に付き合ってやろうじゃないか。 

「わかった。じゃあ、君の入院している病院と、その病室を教えて欲しい。」  

翌日、新聞でニュースを確認する。 

心は痛む。 

だが、これで彼女の自殺は未遂に終わったのだ。

「これで良いんだよな。」

 俺が呟いたとき、 

「——ありがとう。お兄ちゃん。」 

彼女の声が、聞こえた気がした。  

おうちに帰りましょう

最近ボクは毎日たけるくんと公園で遊んでいます。

砂場で山をつくったり、トンネルをほったりしていると、

あっというまに時間がたちます。

夢中であそんでいると、学校のチャイムの音がきこえてきました。

「あ。休み時間が終わっちゃう」と、たけるくんが言いました。

ボクが笑いながら「だいじょうぶだよ。まだまだ休み時間はあるよ」というと、

たけるくんも「そうだね」といって、ふたりで笑いました。

ボクたちは、もう学校のチャイムを気にする必要なんてないのです。

またしばらく遊んでいると、

公園のスピーカーから「夕焼けこやけ」が流れてきました。

「5時だ」うす暗くなってきた空を見上げて、たけるくんがいいます。

スピーカーからも「5時になりました。おうちに帰りましょう」と聞こえてきます。

「おうちに…帰りましょう」と、たけるくんがつぶやく。

「ダメだよ。今日は残業の日なんだから」ボクがそういうと、

たけるくんは小さくうなづきました。

すっかり暗くなってしまった公園で、ボクたちはだまってブランコをこぎました。

そうして2時間ほど遊んだあと「また明日」といって手をふって、

たけるくんにさよならを言って家に帰りました。

家に帰ると、妻が青い顔で言いました。

「あなた。同僚の鈴木さんが、ついさっき自殺したって連絡が…」

姉の出産後

姉が出産後 

実家に帰ってきた時の話 

二階で寝ていたら 

姉の子供の夜泣で起こされた 

部屋が隣だから正直うるさい 

一度起きてしまったら 

なかなか、寝付けない体質なので 

一階の冷蔵庫へ酒を取り行ったんだよ 

一階の電気を付けなかった俺も悪いんだが 

冷蔵庫の前に子供がいてぶつかりそうになった 

かなり焦ったわ  

捜索

ある山のふもとにある町では、

火山活動の影響で稀に有毒ガスが噴出することがあった。

有毒ガスは空気より重いため、町外れの窪地に溜まる。

過去に何人もの人がその窪地で命を落としていたため、

町では有毒ガスの噴出が観測されると鐘を鳴らすのが慣わしとなっていた。

そんなある日、鐘が鳴らされるとある婦人が血相をかえて町の護衛団を訪れた。

「私の娘がいない。知らずにあの窪地に行ってしまったのかもしれない。」と。

護衛団が防護マスクをつけ出陣の準備をしていると、一人の老人が訪れた。

「鐘が鳴る前に、窪地に虫取り網と虫取りかごをもった子供が走っていくのを見た。」と。

護衛団は二人を救出すべく、窪地を懸命に捜索した。

結果、一人の遺体のみが発見された。

誘拐された子供

草木以外何も無い無人島に、誘拐された子供が連れて来られた。

子供はガムテープで口を塞がれ、手と足を縛られた

犯罪者に「ごめんなさい。許してください」と言うと、

彼は怯えた目をして手の縄を解こうともがいた。

──1ヶ月後、子供の居場所を突き止めた警察と救護班がやって来た。

子供の服や顔は血まみれだったが、幸い命に別状はなく生きていた。

泣きながら抱きついて来た子供に話を聞くと、

「おじちゃんはね、
お腹空かせてお魚を取ろうとしたら海に流されちゃったの」

と言った。

自業自得な話だ。

それにしても、この子が生きていて本当に良かった。

占い

昨日、ツーリング仲間と出発前に占い師の店にいったんだよ。

俺はそういうの信じてないんだけどね。

したら占い師がいうには

「あなたは心臓が止まって死ぬね」

って言われてるだよ。

そんなの当たり前ジャン!

とか笑いそうになったんだけど、

ぐっとこらえて次は俺の番。

「あなたは死んでも心臓が止まらないね」

とか苦しそうな顔しながら言われてさ。

俺ゾンビになるのかよ!

と思ったらさすがに笑い出しちゃって、そこで退散。

まーお前らもインチキ占い師には気をつけろってこった。

妹の日記

少女は11歳だったが、病死した。

家族も友人も近所の人も皆悲しんで葬式に出た。

14歳の兄が少女の部屋へ行くと、

机の一番上の引き出しの奥に日記帳が入っていた。

日記の最後のページは、

少女が死んだ日の前日のものだった。

日記にはこう書かれていた。

例えば私の一番好きな食べ物がイチゴであるように、

例を挙げればきりが無いけど、誰にも好き嫌いはあるんだと思うの。

咲く花も散る花もでもみんなとてもきれい。

ろくでもない花なんて絶対にないと思う。

子供だって大人だってみんな花のようなものなの。

人間はみんな花な

んだとつくづくそう思う・・・。

さあ私も花なんだからきっと散る日もくるんだと思うけどそれまでは精一杯生きよう。

新しいことを始めたい。

かわいくなりたい。

大人になってみたい・・・。

兄は妹の日記を読んで泣いた。

車での帰り道

友人と車でスキーに行った帰り道、 

ちょっとした会話の隙間に俺は寝てしまったようだ。 

激しく揺さぶられ目が覚めた。 

ああ、いつの間にか寝ちゃったのか… 

目覚ましの音が鳴り続けてると思ったら車のクラクションか。 

渋滞でもしてるのかな。 

シートベルトがきつくて苦しいけど身体が動かない。 

なんかもう面倒臭いからこのまま寝ちゃおう。 

ごめんよ友人。 

ひと眠りしたら運転替わるからさ。 

友人は返事もせずクラクションを鳴らし続けている。 

怒っちゃったかな? 

うるさかったクラクションの音がだんだん小さくなっていく。  

停電

この間、夜中の2時ごろまで2chやってた時に

いきなりプツンっと停電したんだ

暗いし明かりないし夜中だし原因不明だしうわあああああああぁあ

とりあえず泣きそうになりながら懐中電灯を棚から出した

そしたら電池切れ\(^o^)/

勝手口から出たところにコンセントがあるんだが

それお隣さんのなんだよな(なんでこんなところにあるんだって話だが

だけどこの時は必死でとりあえず電気コード引っ張ってさして

やっとのこと電気スタンドをつけた

そしたら俺のパソコンラックの上に何かある

近づいてよく見ると・・・包丁がだった

もう号泣wwなみだぽろぽろwwww

さっきまで何もなかったのにねwwwwwwww

次の日分かったが町全体の大きな停電だったらしい

包丁は捨てた。

悪魔が住み着いてるだろ俺の家。包丁とか泣くわww