初級

胸騒ぎ

投稿日:

ある女子大生の話

その子はマンションに一人暮らししてるんだけど、

ある夜寝てたら妙な胸騒ぎがしたんだって

気になって起きてみると、玄関の外に違和感を感じたらしい

別に特別霊感があるわけじゃないけどなんか気になる

恐る恐るドアについてる覗き穴?(レンズがついてるアレ)見てみると……特に変わったことは無い

ただ隣室の顔見知りのおじさんが横切ってびっくりしたけど軽く会釈してくれた

近くのコンビニにでも行ってたんだろう

安心してその子は寝ることにしたんだって

まあ、結局一晩中眠れなかったんだけどね

[amazonjs asin=”B0064VICUE” locale=”JP” title=”のぞき見防止金具 1257″]

-初級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ゴーストライフ

俺さあ、最近死んだんだよね。 色々あって自殺。 でも気ままなゴーストライフも悪くないよ。 第一働かなくて済むし。 暇だから、俺は幽霊としていろんなところに出没してるんだけど、 最近の流行りは写真だね! …

村の掟

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました …

三つの薬

「こちらの座薬は寝る前に こちらの赤い薬は食後に こちらの白い薬は食前に飲んでくださいね」 丁寧な説明に頷きながら わたしは薬を受け取り、病院を後にした。 帰ってきたわたしを心配し 玄関に駆け付けてき …

心の底から望んでいる願い

「どんな願いでもかなえてやろう。ただしひとつだけ、な」 と魔神は言った。 ひとつだけ、か……。 富。 いや、名声。 いや、美女。 いや、絶対権力。 いや、不老不死。 いや、世界平和。 いや、究極の快楽 …

二十歳の誕生日

俺の二十歳の誕生日に、彼女がお祝いをしたいというので待ち合わせ場所に行った。 なぜかいつもと違う、静かな山道の入口付近が待ち合わせ場所だった。 確か、心霊スポットとしても有名な山道だったように思う。 …