中級

菊の花

投稿日:

私は結婚して2年目。

平日は仕事で休みは土日。

いつもは洗濯や掃除をまとめて土日にするのですが、

今日はなんだか気が進まず、昼寝したりボーッとしたり。

夫もいつまでも起きてこないので、気にせずまったりと過ごしていました。

正午くらいに、インターホンが鳴り、モニターを見ると

知らない女の人が。30〜40台の女性です。

何かの集金?夫の知り合い?

夫は起きてこないので、確かめることも出来ず、

とりあえず私もパジャマのだらしない格好のままだったので、

応答せずにいると、階段を降りて帰って行く音が聞こえました。

すると3分後、またインターホンが鳴りました。

同じ女性でした。

気味が悪いのでやはり返事をせずにいると、また帰って行きました。

夕方になり、晩ご飯の材料を調達するため外にでようと玄関のドアを開け、

鍵をしめようとすると、郵便受けに、透明のセロハンにくるまれた

一輪の花がささっているのを見つけました。少しぐったりしている花でした

その花が菊の花であり、仏花であることに気がつき、

徐々に事の重大さを理解し、怖くなりました。

どうして!?なんで!?とパニックになっているうちに、

昼に尋ねて来た女性のことを思い出しました。

彼女は誰なのでしょう。

そして彼女は、何故知っているの!!??

それから一歩も外に出られず、今も一人、恐ろしさで動けずにいます。

-中級

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

5000円札を盗まれた

学生の頃、5000円札を盗まれたことがあった。 体育の時間の後のことだった。 「先生!お金を盗られました!」 その一言で授業は中断。 かくして犯人探しが始まった。 物々しい雰囲気の中、全員財布の中を出 …

止めない?

会社にリストラされて自殺を決意したが、 一人で死ぬ度胸が無かったオレは自殺サイトで仲間を集った。 すると三人の男女から返信があった。  数日後オレたちは田舎の小さなペンションに訪れた。  もちろん自殺 …

no image

本当にごめんな

友「本当にごめんな」 俺「おいやめろって!」 友「妹が…妹が病気で…金がいるんだ…」 俺「大丈夫か?気をしっかり持てよ」 友「…ありがとう………」 俺「に…いや、10万でよかったら貸してやるよ」 友「 …

姉の心臓位置にある骨

姉が亡くなった。 優しい姉だった。 まだ死ぬには早すぎた。 眠っているように見えた。 姉の体を焼く前に最後の対面をした。 静かに胸の前で重ねられた腕に私は優しくキスをした。 それからすぐに姉は焼かれた …

80歳の爺ちゃんが若い女性と籍を入れた

近所に80歳の爺ちゃんが居たんだ 金を持ってて、コチ亀両津の爺ちゃんを想像してくれたら良いと思う 有るとき凄く若く可愛い女性を連れていたので、 「お孫さんですか?」と聞いたら「嫁じゃ」「妻です」と同時 …